お風呂場の掃除方法

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_s

風呂場の掃除、放っておくとカビや湯垢など落ちにくい汚れが付いてしまいます。
定期的に掃除するのが良いですが、どこまで掃除すればいいのか分からない方もいると思います。

今回は押さえておくべき、お風呂場の掃除方法をご紹介します。

用意する物

  • 重曹
  • クエン酸
  • 石けん
  • カビ取り剤
  • スポンジ
  • ブラシ

天井

掃除の順番は上から下です。
これは、どこの場所でも同じなので覚えておくといいですよ。

それでは、一番上の天井の掃除方法から見てみましょう。

天井は見た感じはあまり汚れていないといって、放っておくと目には見えない多量のカビが発生しています。
更に天井のカビから胞子が落ちて、いたるところでカビが発生してしまいます。
DSC_000001 11

うちの風呂場の天井もポツポツとカビが生えてしまっています。

このような場合はカビ取り剤を使うと効率よく掃除できます。

カビ取り剤を使う時の注意点

カビ取り剤が体に触れないようにマスクと眼鏡、ゴム手袋を付けてから使用しましょう。
臭いがきついのでマスクをしていないと、気持ち悪くなってしまうこともあります。
窓を開けて換気をします。窓がない場合は換気扇を回しましょう。

また、お風呂場を乾いた状態で使用しましょう。
カビ取り剤の効果を最大限に引き出すには、完全に乾いた状態で使用するようにします。
水分があると効果が出ない場合もあるので、作業が無駄にならないように注意しましょう。

①スポンジにカビ取り剤を付ける

カビ取り剤は、落ちて体にあたらないように直接掛けるのではなく、スポンジに含ませるようにします。

②スポンジで壁を擦る

擦る時は、それほど力を入れなくても大丈夫です。
カビ取り剤が、全体にまんべんなくいきわたるように、擦っていきましょう。

スポンジが届かない場合はクイックルワイパーなどを利用すると掃除しやすいです。
この場合は、スポンジの代わりに雑巾を使うと良いでしょう。

③しばらく置く

カビ取り剤は、最低でも5分置いておかないと効果がありません。
天井の場合は、汚れが落ちやすいので、5分程度置くだけでいいでしょう。

④水で流す

DSC_0429

5分経ったら水で流していきます。
きれいにカビが取れます。

DSC_0407

壁の汚れがひどい場合は天井の掃除と同じようにカビ取り剤を使用しますが、汚れが軽い場合は重曹と石けんを使うと良いでしょう。
重曹と石けんは相性が良く汚れをおとしてくれます。
肌に直接触れても大丈夫なので、普段の掃除にとても重宝します。

石けんを付けて泡立てたスポンジに重曹を振りかけ、壁を擦ればピカピカになりますよ。

浴槽

DSC_0414

浴槽の汚れには湯垢が付きやすく、一回付くとなかなか落ちませんよね。
湯垢がこびり付く前に、毎回掃除をするようにしましょう。

使用する物は、壁の掃除と同じく重曹と石けんです。
重曹は研磨作用があるので、これを利用して洗剤では落としにくい湯垢を擦り落としていきます。
研磨作用があるといってもクレンザーのように強力なものではなく、粒子が細かいので素材を傷つけることはありません。

DSC_0417

重曹と石けんを一緒に使うとさらに効果が上がります。
スポンジに付けて底の方まで洗っていきましょう。

DSC_0423

掃除のタイミング

浴槽を掃除する時は、お風呂から上がる前にしてしまうのもおススメです。
入浴直後は、湯船が温かく汚れを楽に落とすことが出来るからです。
重曹と石けんを付けたスポンジに、浴槽に入っているお湯を利用しながら掃除していくと楽にできますよ。

DSC_0395

お風呂場の鏡のくすみはとても頑固で落としづらいです。
その原因は、常にカルキが含まれる湯気にさらされているからです。
他にもシャンプーや石けんなアルカリ性の汚れが多く付きやすい環境なので他の場所の鏡と比べてかなりの頑固ものなのです。

このアルカリ性の汚れを落とすためには、酸性のクエン酸が役立ってくれます。

クエン酸を使った掃除方法

まずは濃度の濃いめなクエン酸水を作りましょう。
鏡に汚れは頑固なので、このサイトで紹介しているクエン酸水スプレーの配分(水200mlにクエン酸小さじ1)より濃く作ります。

①水1カップにクエン酸大さじ1を溶かしてスプレー容器に入れます。

②キッチンペーパーにクエン酸水を浸し、鏡に貼り付けます。

DSC_0425

③2時間~半日置きます。

④布が乾いたらクエン酸水をスプレーして濡らします。

⑤時間が経ったら乾いた布で拭き取ります。

これでもくすみが取れなかったら、何回か繰り返すと徐々に落ちていきます。

このようにお風呂場の鏡のくすみは、ひどくなるとなかなか落ちないので、頻繁に掃除をする必要がありますね。
落とした後もピカピカの鏡をキープするには、普段の掃除もクエン酸水を使うと良いでしょう。

 床

DSC_0430

床も重曹と石けんを使います。
また床の掃除には、ブラシを使うと細かなところまで効率よく掃除ができます。
壁際などの細かなところは、歯ブラシなど小さめのブラシを使って汚れを落としましょう。

まとめ

DSC_000003 4

お風呂場全体の掃除方法を紹介しましたが、まだまだ掃除すべきところがあるので、今後紹介していきます。

お風呂場は掃除する範囲も広く、汚れも落としづらいので掃除する場所の中でも億劫になる方が多いのではないかと思います。
筆者もキッチンやトイレの掃除は好きなのですが、お風呂場はめんどくさくてたまりません。
しかし、放っておくとカビや湯垢などの汚れがこびり付き、更にめんどくさいことになってしまうので、一週間に一度お風呂場全体の掃除を行うなど定期的な掃除が必要です。
めんどくさい事だからこそ楽にできるように掃除道具を揃えて効率のいい掃除方法で負担を減らしましょう。

今回紹介した方法なら、ブラシなどの掃除道具の他に、重曹とクエン酸、石けんで掃除することが出来ます。
重曹とクエン酸、石けんなら他の場所でも掃除に役立つので掃除があるだけで掃除が楽になりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です