エアコンを自分で掃除する方法

56860a8d8d573f5026f214401fa0bbe0_s

夏になると毎日のように使うエアコン。
皆さんエアコンの掃除はどうしてますか?
定期的に掃除している方や、業者に頼む方、ほとんど掃除をしたことない方もいると思います。
特に一人暮らしの方は掃除しない方が多いのではないでしょうか。

しかし、掃除をせずに放っておくと、エアコン内部にカビが繁殖して体に悪影響をもたらすこともあるのです。
エアコンの掃除は素人では難しく、業者に頼む方法もありますが、業者に頼むと清掃にかかる費用が高くのでできれば自分でやっておきたいところです。

そこで今回は、エアコン内部で繁殖したカビが与える影響と自分でできるエアコンの掃除方法をご紹介したいと思います。

掃除をせずにいると

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

エアコンの掃除をせずに放っておくと、エアコン内部、ファンや冷却フィンにカビが発生してしまいます。
特にファンにカビが繁殖すると、エアコンから送られてくる風に乗って部屋中にカビの胞子をまき散らすことになります。

このカビの胞子は多少吸い込んでも人体に影響はありませんが、これが大量に吸い込み続けると、鼻水や咳が止まらなくなったりする夏型過敏性肺炎にかかることがあります。
夏型過敏性肺炎とは、通称「カビ肺炎」と呼ばれている症状で、これにかかると咳や頭痛、発熱などの症状が出て、風邪の症状ととても似ていいます。
風邪とは違うので、人に移ることはありませんが、吸い続けると肺に負担が掛かり、慢性的に発症してしまうことあります。
夏風邪かなと思っていたら、実はエアコンから出ていたカビが原因でカビ肺炎になっていたということもあるのです。

どの部分を掃除すればいいか

エアコン内部の掃除する主な部分は、フィルター冷却フィン(熱交換器)ファンの3つです。
どの部分も間違った掃除方法で掃除を行うと最悪エアコンが故障してしまうこともあるので、注意が必要です。
そして掃除を行う時は、必ずコンセントを抜いておきましょう。

フィルターの掃除

DSC_0447

フィルターにホコリが詰まると、送風の効率が悪くなり、エアコンの効きが悪くなったり消費電力が上がってしまいます。
フィルターはなるべくこまめに掃除するのが良いでしょう。

用意する物

  • 掃除機

①フィルターを取り外す

フィルターの取り外し方は、破損させないようにメーカーの取り扱い説明書を見ながら行います。

②掃除機でホコリを吸い取る

フィルターを取り外したら、掃除機を使ってホコリを吸い取りましょう。
掃除機のヘッドを取って吸い取るときれいに吸い取れます。

③水洗いする

掃除機でもホコリを取り切れなかったら、水洗いできれいにしましょう。
フィルターは水洗いが可能ですが、たわしやスポンジを使ってゴシゴシ洗うと破れてしまう恐れがあるので、手で優しく洗い流すようにしましょう。
汚れが落ちない場合は、薄めた中性洗剤を使って優しくてで洗うと良いです。

④乾かす

完全に乾くまで風通しのいい日陰に置いておきましょう。
乾ききらずに元に戻すと、カビの発生の原因になってしまうので確実に乾かしておきます。

冷却フィン(熱交換器)の掃除

冷却フィンとはフィルターの奥の方にあるアルミ製の板が何枚も並んでいる所です。
この部分もホコリが溜まると運転効率が悪くなり、消費電力が上がって電気代が増えてしまうので、半年に一回くらいは掃除しておきたいところです。

用意する物

  • 冷却フィン専用のクリーナー
  • 掃除機

冷却フィンの掃除には、ホームセンターに売っている専用のクリーナーを使用します。

①フロントパネルを開け、フィルターを外す

②掃除機でホコリを吸い取る
スプレーを使う前に掃除機で、ある程度ホコリを取っておきましょう。

③クリーナーを冷却フィンにスプレーします
このクリーナーは一本まるごと使うと効果的に掃除できるようです。
汚水は自然に室外に排出されるので、自分で取り除く作業は掛かりません。

④乾かす
30分ほど放置して乾かします。

ファンの掃除

DSC_0450

カビ退治するのに今回最も重要な部分です。
ファンは冷却フィンで冷たくした空気を、ファンの回転で室内に送風する役割があります。
冷風でファンが冷えると、結露してカビが繁殖しやすい環境になります。
なので、ファンの掃除を何年もしていないとカビが大量繁殖して、風はそこを通って部屋にいきわたることになります。

部屋中にカビや臭いをまき散らさないようにするには、ファンの洗浄が最も重要なのです。

用意する物

  • エアコンファン専用のクリーナー
  • ビニールシート
  • ペットボトル用スプレーノズル
  • 割り箸

今回使用する物は「くうきれいエアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)
」というファン専用のクリーナーです。

①養生シートをエアコンに取り付ける

DSC_0451 1
「くうきれい」には養生シートが附属されています。
養生シートをエアコンに取り付けて、出た汚れを受け止める役割になります。
ただ、このシートで十分だと思うのですが、出た汚れが床にこぼれそうで不安な方は 、安全策としてビニールシートを敷いておくといいでしょう。

②ムーススプレーをファンにかける

DSC_0455
「くうきれい」には2種類のスプレーがあり、最初に使うのは、ムースのスプレーです。
ムースはファンに真ん中にかけて、数か所ムースの塊を作っていきます。

②割り箸でファンを回す

DSC_0457

割り箸などを使ってファンを何回か回すことで、ムースが全体に馴染んできます。

③20~30分つけ置きする
時間が経つと、ムースが液体化してぽたぽた下に垂れてきます。

④リンススプレーで洗い流す

DSC_0458
もう一つのリンススプレーで洗い流します。

⑤ペットボトルスプレーで更に洗い流す

DSC_0460
リンススプレー一本で完全に洗い流せない場合があります。
なので、ペットボトルに付けるスプレーノズルで残った汚れは洗い流すようにするのがおススメです。

⑥養生シートを送風口にあてて1~2分エアコンを送風で動かす

最後の仕上げに送風で動かして、中に汚れを振るい洗いをします。
この時、汚れが床に飛び散らないように、養生シートを上にあげて送風口を覆い隠すようにしましょう。

汚れがかなり落とせました。

DSC_0461

まとめ

エアコンの掃除をするときはフィルター、冷却フィン、ファンの3か所を掃除すると完璧にきれいになります。

特に「くうきれい」でファンの掃除はかなり効果的で、汚れがすっきり落とすことが出来ます。
これでカビも退治できて、もうカビを大量に吸い込むこともありません。

ただ、エアコンの掃除はしっかりやると、時間もかかりますし、かなりの労力です。
掃除を行う時は、時間に余裕をもって行うと良いでしょう。
エアコンの内部をしっかり掃除して、きれいな空気でこの夏を過ごしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です