ゴムパッキンの頑固なカビを取る方法

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s

お風呂場の掃除をしていると嫌でも見つけてしまう黒カビ。
ちゃんと掃除をしていても、壁際の小さな隙間や溝など掃除しきれないところに生えてしまいます。
見つけたらすぐにカビ取り剤で掃除すれば、取り除くのは簡単なのですが、時間が経って根がしっかりはっているカビは、なかなか取り除けません。
特にゴムパッキンに根付いたカビはかなりの頑固者で除去するのに苦労すると思います。

DSC_0396
ゴムパッキンに深く根付いてしまった黒カビ…

しかしカビ取り剤を使う時に少しの工夫と正しい使い方をすれば、きれいに取り除くことが出来るのです。

用意する物

  • カビ取り剤
  • 重曹(もしくは中性洗剤)
  • 石けん
  • スポンジ
  • キッチンペーパー
  • 手袋
  • マスク
  • ブラシ

カビ以外の汚れを落とす

カビ取り剤を使う前に、カビ以外の汚れを落としておきましょう。
カビの上に汚れがあると、カビ取り剤の効果が減少してしまいます。

DSC_000001 (1)
重曹と石けんを付けてブラシでこすって汚れと表面のカビだけでも取り除いておきましょう。

カビ取り剤を使う前に

洗剤をシャワーで流したらタオルで水気を拭き取って完全に乾くまでおいて置いておきましょう。
カビ取り剤は、水気があると効果が減少してしまいます。
場合によっては全く取れないこともあるので完全に乾かしましょう。

カビ取り剤を使う時は、マスクとゴム手袋をして窓を開けて換気した状態で使いましょう。
窓がない場合は、換気扇を回しましょう。

乾いたら

①まず、カビに直接カビ取り剤を吹きかけます。

DSC_0431
掛かっていないところがないように、しっかりと吹き付けていきます。

②その上にキッチンペーパーを湿布して更にカビ取り剤を吹きかけます。

DSC_0432

こうすることで、密閉した空間を作り、カビ取り剤が奥まで染み込みやすくなります。
キッチンペーパーがない場合はサランラップでも代用できます。

③この状態で30分置きます。

④キッチンペーパーを取ってシャワーで洗い流します。

DSC_0442
きれいになりました(^^♪

しかしよく見ると…

DSC_0443

完全には取れませんでした。
時間が経ったゴムパッキンの黒カビは奥まで根が張って、完全に取り除くのは難しいみたいです。
何回か繰り返せば少しは良くなると思います。

完全に取れなくなる前に、こまめに掃除しなければいけませんね(-_-;)

まとめ

完全には取り除けませんでしたが、かなりきれいになると思います。
「カビ取り剤を使ってもなかなかきれいにカビが取れない」という方は、乾燥した状態で使わなかったり、時間を置かなかったり、どこか間違って使っている場合が多いと思います。
正しい方法で使えばちゃんと取れますし、更にキッチンペーパーなどで湿布すれば効果は確実に良くなるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です