排水口の掃除は重曹とクエン酸

637d71a440f6331ca7e66185545dbf17_m

皆さん、排水口の掃除はしていますでしょうか?
掃除しづらい場所なので後回しにしてしまいがちですよね。

しかし放って置くと、どろどろのヌメリ汚れが溜まり臭いがひどくなっていきます。
このどろどろの黒い汚れには細菌が多く繁殖して、その数はトイレよりも上回っているらしいんです。

それを考えると掃除せずにはいられませんよね。
だって食品を扱う場所なのですから、最も清潔にしたいところです。

今回は、重曹とクエン酸を使った、排水口の掃除方法をご紹介します。

用意する物

  • 重曹
  • クエン酸(お酢でもOK)
  • 使い古しの歯ブラシ
  • アルミホイル

重曹とクエン酸の発砲作用を利用

DSC_0250

かなり汚れてます。
掃除をさぼってたせいですね…

今回は洗剤の代わりに、重曹とクエン酸を使用します。
重曹とクエン酸は水に混ぜると炭酸水を作り発砲します。
この発砲はとても高い洗浄力と消臭効果があり、放って置くだけで汚れを落としてくれます。

DSC_0252

まずは重曹とクエン酸を容器に入れ混ぜます。
重曹は1カップ、クエン酸は1/2カップ入れます。

かなり多いと感じますが、たっぷり使った方が効果が良く出ます。

よく混ぜたら排水口に思い切り入れちゃいましょう。
クエン酸の代わりにお酢を使う場合は、この時点では混ぜないで重曹1カップだけを排水口に入れましょう。

DSC_0255

すると、このように発砲し始めます。
この時、炭酸ガスが発生しますが無害なので安心です。

この泡が洗浄力を発揮してくれます。
30分から1時間程度このまましておきます。

DSC_0322

時間が経ったら、布や使い古しの歯ブラシなどで内側の汚れを擦り落とします。
洗浄された後、歯ブラシで擦ると、とても簡単に汚れを落とせます。

DSC_0323

最後にお湯で流して仕上げます。

アルミホイルでヌメリ予防

掃除し終わったら、排水口の中にクシャクシャに丸めたアルミホイルを入れておくと、不思議とヌメリ汚れが付きにくくなります。

アルミホイルは水と化学反応を起こし金属イオンを発生させます。
この金属イオンに抗菌作用がありヌメリ汚れの防止になります。

アルミホイルはカチカチに固めるのではなく、ふわっと中に空気を入れるように丸める方が金属イオンを発生させやすくなります。

まとめ

  • 重曹とクエン酸の発砲作用で簡単に掃除
  • アルミホイルでヌメリ予防

この二つで排水口を清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です