重曹の正しい使い方

重曹

重曹を使った掃除は環境に良く、経済的です。
ちょっとした汚れならほとんど落とすことが出来ますし、洗剤と同じで、かけて拭き取るだけなのでとても簡単です。
そして消臭効果もあり、汚れと一緒に嫌な臭いも消してくれるのも嬉しいところです。

そんな便利な重曹ですが、使い始めた方は重曹を使って掃除しようと考える事がまだ少なく、使いこなせない場合が多いかと思います。
「重曹を使っていろんな場面で活用したい」と思って買ってはみたものの「どこで使えばいいかいまいち分からず、結局ほとんど使っていない」という方もいると思います。

そんな方のために今回は重曹の正しい使い方をご紹介したいと思います。

重曹の特性を理解しよう

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

まず重曹を正しく使うために、重曹の特性を理解しておきましょう。

重曹には当然落とせる汚れと、落とせない汚れがあります。
さまざまな場面で活躍してくれることは事実なのですが、すべての汚れを落とせるわけではありません。

重曹は弱アルカリ性なので、酸性の汚れには強いのですが、同じアルカリ性だと弱くなります。
主に酸性の汚れは、食べ物や手垢、皮脂汚れなど食べ物や人から出た汚れを、アルカリ性の汚れは、水垢や石けんカスなど水周りの汚れとイメージすると分かりやすくなると思います。

グラフィックス5

また、重曹には汚れを落とすだけでなく消臭効果や研磨効果があります。
重曹が出来ることを理解しておくことも、上手に使いこなすためには必要になってきます。
詳しくは「重曹とクエン酸」のページを参考にしてみてください。

使い分けを知る

重曹を使う時には、主に3つの使い方があります。

粉のままで
最もベーシックな使い方で、落としたい汚れや臭いの部分に直接振りかけて使います。
使いやすいように振りかけ容器に入れておくと便利です。
高温多湿の場所を避け、密閉容器に入れて保存します。

重曹水
水1カップに小さじ2~3杯の重曹を溶かします。拭き掃除やつけ置きしたいときに使用できます。
スプレーボトルに入れておけば拭き掃除の時に便利です。

重曹ペースト
重曹2水1の割合でよく混ぜペースト状にして使用します。研磨剤として使いたいときに便利です。

重曹ペーストは、使わず置いておくとすぐに固まってしまいます。
なので作り置きには向いていません。
重曹ペーストとして使いたいときは、使う分だけを作るようにしましょう。

クエン酸で仕上げる

重曹スプレーをかけすぎたり、濃く作ってしまうと、拭き取っても粉っぽく白く残ることがあります。
そんな時は、クエン酸水をスプレーして仕上げましょう。
クエン酸水は酸性なので重曹のアルカリ性を中和してくれる働きがあります。
また、クエン酸水で仕上げると肌触りがラサラサと良くなり、リンスのような効果もありおすすめです。

クエン酸水スプレーの作り方は、水200mlにクエン酸小さじ1杯を入れます。
クエン酸を多く入れすぎると、拭き取ったあとにベタベタ感が残ってしまいます。
直射日光を避け保管じ、1か月を目安に使い切るようにしましょう。

取り敢えず重曹をかけてみる

重曹を粉のまま使うか、重曹水で使うか、ペースト状で使うか迷った時は、取り敢えず少量の重曹を振りかけて、擦ってみましょう。
いろんな汚れに試しているうちに、落とせる汚れがだんだん分かってくるようになります。
今まで落とすのに苦労した汚れが、重曹を使えば簡単に落とせるというような新たな発見があるかもしれませんよ。

また、重曹を粉のままで使う時は、使いすぎないようにすることも大切です。
粉をかけすぎると、粉が白く固まってかえって落とすのが大変になってしまいます。
使う時は、小さじ1くらいを目安に使うのがいいでしょう。
汚れが落ちにくいときは、そこから少しづつ調整していって、徐々に粉を増やしていけばいいのです。

重曹と一緒に使う物は柔らかい物を

7de4d0bf0fc093b41afdd056c6ce39dd_s

重曹をつけて擦る物は、出来るだけ柔らかい物を選びましょう。
しかし、重曹専用に高価な素材の物を使う必要はなく、大体の物は市販のスポンジやアクリルたわしで大丈夫だと思います。
掃除する対象の物よりも、柔らかい物で擦ることが大前提です。
そうしないと、傷つけてしまう恐れも出てくるので、うまく使い分けを行いましょう。

重曹の保管方法

重曹を保管するポイントは、直射日光や高温多湿を避けて風通しのいい場所に保管することです。
重曹は、水分を吸収すると固まってしまう性質があります。
固まっても、重曹の効果は変わらないのですが、使う時に固まった部分があると使いづらくなってしまうので、正しい方法で保管しましょう。

重曹は購入した時点では、袋に入っていることが多いので、振りかけ容器などに移し替えて、冷蔵庫に保管することが望ましいです。
冷蔵庫でなくても、湿度の変化があまりなく直射日光が当たらない場所なら、常温でも問題なく保管できると思います。

また、重曹の保管期間は約3年と言われています。
食用と使用しないのであれば、無期限に使えます。

重曹はどこで買えるのか?

744ba4c6f19269bbdfd9ec1c9fc7a2e2_s

スーパーやドラッグストアで購入できます。
もちろんネット通販でも購入でき、いずれも低価格で購入できるのがうれしいところです。

掃除用に使うにはどの重曹を買えばいいのか?

重曹は主に「薬用」「食用」「工業用」に分かれます。
この中で最も厳しい検査を潜り抜けてきた物は「薬用」の重曹で、薬局で購入することが出来ます。
薬局では、「局方」とか「薬局方」と表記され、点滴や胃薬にも使用されるほどの信用度が高いものとなっています。

次に信用度が高いのが、「食用」で薬局やスーパーでも購入できます。
食べられるものなので、料理や風呂に入れたり、掃除に使ったりと幅広く使えます。

一番安価なものが「工業用」です。
不純物が多く含まれているので、食用としては使えませんが、掃除用として使う分には、他のものと変わりがありません。
掃除だけに重曹を使うのであれば、「工業用」のもので十分だと思います。

重曹を使った掃除の例

重曹を使った掃除は、いたるところで出来るので皆さんも参考にしてみてください。
キッチンや洗面所、トイレやリビング、普段の生活の中で汚れたものや臭いも取り除いてれます。

まとめ

重曹は幅広い汚れに使えるので、とても便利な掃除道具です。
重曹の特性を理解して、そのパワーを存分に引き出してあげれば、普段の掃除が簡単に楽しいものへと変わるようになるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です