カビを生えにくくする日常の掃除テク

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s

カビが生えにくくするためには、基本的に換気することが必要です。
また、普段の掃除もこまめにすることも重要です。

今回はこのほかに、少しの工夫でカビが生えにくくする方法をご紹介します。

水周りのケアポイント

30f57dd3d4c7a547016f5a466c725465_s

水周りには常に水気や湿気があります。
使った後、長時間濡れたままにしておくと、すぐにカビや雑菌が繁殖してしまうので、水周りの水切りは習慣的に行うようにしたいところです。

キッチンは、三角コーナー、食器ラックの水受けなどを水切りします。
シンク周りは、できるだけ水滴が残らないように布巾で拭き取ります。

浴室は、入浴後に換気扇を回して乾燥させますが、あらかじめタオルで水滴を拭き取ることが効果的です。
しかし、かなり面倒な作業でもあるので、さっさと簡単に拭き取るだけでも良いです。
なるべく簡単にできるように、スクレーパや柄付きのスポンジなどを使うと良いかもしれません。
柄付きのスポンジは天井の掃除にも使えるので、一本持っていると便利です。

また桶やイスも使った後は、水切りするようにしましょう。
水切りした後は、そのまま床に置くのではなく、吊るして収納することをおすすめします。
そうすれば、汚れが付かず、清潔に保つことができカビ予防になります。

水回りのカビ掃除のポイント」「もうカビ掃除をしないために!お風呂場のカビ予防策

浴室には物を置かない

浴室には、イスや桶のほかにシャンプーボトルや石けん、ボディスポンジなどカビの住かになりやすいものが多くあります。
これらの物は毎日使うので、浴室内に置きっぱなしにしている方が多いと思いますが、これを浴室内に置かないようにすれば、とても効果的なカビ予防になります。

シャンプーや石けん、洗顔料やボディスポンジなどは、「お風呂セット」としてカゴにまとめておけば、銭湯に行くときのように持ち運びができます。
イスや桶など少し大きめなものは、持ち出しにくので吊るして収納し、あとはお風呂セットとして脱衣所などに収納するようにすればいいと思います。
使用後の、水気を拭き取ることも忘れずにしておきましょう。

冷蔵庫の中のケアポイント

DSC_0389

食品は冷蔵庫で保管しておけば、カビは生えないと思っている方がいるかと思いますが、それは間違いです。
確かに冷蔵庫で保管すれば、食品の日持ちは長くなりますし、カビは生えにくくなります。
しかし、細菌が全くいなくなるわけではありません。
食品に付いた細菌などは低温の冷蔵庫では、一旦活動休止した状態になりますが、冷蔵庫から出て常温になれば再び活性します。

また、長期間保存していると細菌も冷蔵庫の環境に慣れて、低温でも活動するようになり、いつの間にかカビが生えるここともあります。
水分の多い食品には細菌が、少ないもはカビが繁殖しやすいので、賞味期限を守り、賞味期限が切れた古い物は入れたままにしないように、こまめに整理しましょう。

冷蔵庫内を清潔に保つためには、定期的に掃除して除菌しましょう。「冷蔵庫の掃除のコツ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です