シンクのお掃除

5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_m

シンク周りの水滴や生ごみを放っておくと,水あかの汚れがたまったり、悪臭が発生したりしてしまいます。
食器を洗ったり、食べ物をすすいだりする場所なので、日ごろから掃除をして清潔にしておきたいところです。

今回はシンク周りの普段の掃除と汚れがひどい場合の掃除方法をご紹介します。

5分でできる普段のシンク周りの掃除

夕食を食べ終え食器を洗ったら、最後に、今日1日使用したシンクの掃除をしましょう。
スポンジやアクリルたわしなどでシンクと排水口、三角コーナーの汚れを擦り落とします。

私はスポンジに食器用とは別の使い古したものを使用しています。

スポンジだけで汚れが落ちない場合は食器用洗剤をつけます。

排水口と三角コーナーの生ごみは、毎日捨てておきましょう。
習慣付けることで、「気づいたら生ごみから悪臭が…」なんてことにならないようにします。

最後にお湯で流して、水滴が残らないように乾拭きして終わりです。
最後に乾拭きするのが結構重要です。
水滴が残っていると、すぐに水あかになってしまうからです。

汚れがひどい場合

シンクの汚れがひどい場合は、クリームクレンザーを使うと手っ取り早いです。

①クリームクレンザーをスポンジに付けシンク全体を擦ります。

②お湯で洗い流して、水滴が残らないように乾拭きで拭き取ります。

排水口も同様に行います。油汚れはクレンザーや重曹などの研磨効果のあるものが効果的です。

重曹を使う場合

DSC_000001 6

クレンザーがない場合は重曹でもしっかりと掃除ができます。

①シンク全体に重曹を振りかけ、スポンジで汚れを擦り落とします。

DSC_0318

②クエン酸水をスプレーして重曹を中和させて仕上げます。

DSC_0321

③最後に水滴が残らないように乾拭きで拭き取れば終わりです。

 水あかが落ちない時

重曹や食器用洗剤は弱アルカリ性なので、アルカリ性の汚れがひどい水あかは落とすことが難しいです。
水あかが落ちない時はクエン酸を使います。
クエン酸は酸性なのでアルカリ性の水あかを中和して落とすことができます。

①クエン酸水をスプレーしてスポンジで擦ります。

クエン酸の濃度が高いほど効果はありますが、べたつくのでしっかりと水ですすぎましょう。

②それでも落ちなかったら、クエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーを湿布します。

1~2時間くらい置いてから、そのままキッチンペーパーで擦ります。

水栓金具の掃除

水栓金具もシンクを掃除する時と一緒に行っていきましょう。

普段の掃除であればシンクの掃除と同様にスポンジやアクリルたわしで擦ればいいでしょう。
クエン酸水をスプレーすればもっときれいになります。

また、念入りに掃除する場合は、キッチンペーパーを水栓金具に巻き付けクエン酸水を染み込ませます。
1~2時間くらい置いてから、キッチンペーパーで擦ります。

使い古しの歯ブラシを使えば付け根部分など細かな部分の掃除もできます。

掃除を楽にするために

シンク周りは、汚れがたまりやすいので気づいたら汚れがひどくなっていたりします。

なるべくクレンザーや強力洗剤を使わないようにするために、日ごろから掃除をしていきましょう。

毎日こつこつ掃除をしていけば簡単な掃除で清潔に保つことができるので、掃除が楽になります。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です