クエン酸大活躍!お風呂場の掃除

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_s

お風呂場につく汚れには、カルキに含まれるカルシウムで白くなる汚れがあります。
このカルシウム汚れは、一度付くと普通の洗剤では取れません。
浴槽用の洗剤は、ほとんど弱アルカリ性なので、カルシウム汚れのような水垢には効き目がないのです。
よごれ自体がアルカリ性なので、酸性で中和させて汚れを落とすようにしなければなりません。

また、アルカリ性に汚れは非常に頑固で、いくら強く擦ってもほとんど落ちません。
水垢を落とそうと、今まで必死で擦っていたなら、それは労力の無駄遣いなので、もうやめましょう。

汚れの特性を理解して、適切な掃除方法で掃除していきましょう。

クエン酸で掃除

クエン酸は酸性なので、水垢や石けんカスなどの水周りの汚れの掃除に適しています。
カルシウム汚れも、ある程度簡単にきれいに落としてくれます。(水垢やカルシウム汚れは、こびり付くと完璧に落とすことはかなり難しいです。)

方法は簡単で、クエン酸と水を混ぜて、スプレーで吹きかけてふきんやスポンジで擦るだけです。

クエン酸と水の割合は、水200mlに対して、クエン酸小さじ1くらいでいいでしょう。
頑固な汚れだったら、濃いめに作っておくのも良いです。
あとはスプレー容器に入れて、吹きかけて使うだけなので、とても簡単ですよね。

クエン酸の効果をより上げるためには、スプレーで吹きかけてから、10分程度置いてから、拭くのが良いでしょう。

頑固な汚れには

頑固な汚れには、濃い目のクエン酸水を作り、汚れ部分にキッチンペーパー貼って、クエン酸水を染み込ませます。

例えば、鏡の掃除には、この方法がぴったりです。
①水1カップにクエン酸大さじ1を溶かしてスプレー容器に入れます。

②キッチンペーパーにクエン酸水を浸し、鏡に貼り付けます。

DSC_0425

③2時間~半日置きます。

④布が乾いたらクエン酸水をスプレーして濡らします。

⑤時間が経ったら乾いた布で拭き取ります。

これでもくすみが取れなかったら、何回か繰り返すと徐々に落ちていきます。

鏡の汚れは、なかなか落とすことが難しいですが、クエン酸を使って何度も繰り返すことで、徐々にピカピカになっていきます。
多少の汚れなら、一回で効果がはっきり分かるので、試してみてください。

シャワーヘッドの掃除

48e7e81388348d797dcb11618921e48f_s

シャワーヘッドは掃除をしておかないと、目が汚れで詰まって、水の出が悪くなったりします。
シャワーの目詰まりも、カルシウム分が固まって引き起こす、カルシウム汚れが原因です。
この場合もクエン酸を使って、掃除します。

シャワーヘッドから散水板をとり外します。(左に回すと外れるタイプが多いようです)

②洗面器クエン酸水と散水板を入れます。
クエン酸水は、全体が浸るくらい入れておきましょう。

③1~2時間くらいつけ置きしておきます。

④布やスポンジで汚れをふき取り、クエン酸が残らないように水ですすぎ、乾かして元に戻します。

これだけで、きれいになるので試してみてください。

クエン酸は安い

クエン酸は普通に洗剤よりもはるかに安く、コストパフォーマンスに優れています。
私が使っているものは、330g入っていて300円しません。
水に溶かして使うことが多いので、これだけでも数か月は持ちます。
洗剤をいくつも買うより、使い勝手も良く安く済むので、使い方さえ覚えればかなり重宝するアイテムです。
普通のドラッグストアでも売っているのでチェックしてみてください。

注意点

クエン酸を使う上で覚えておくべきことがあります。
以下の3つです。

  • 大理石には使用しないようにしましょう。
    大理石は炭酸カルシウムが主成分なので、酸で溶けてしまいます。
  • 塩素系洗剤と混ぜない。
    クエン酸は酸性なので当然混ぜてはいけません。
    有毒ガスが発生します。
  • 鉄製の物には使わない。
    錆の原因になってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です