窓のお掃除

7651f52548bda0ea03c8286eb7900d34_s

窓ふきは、曇りの日にするのがおススメです。
汚れが見えやすく、ガラスに付いた洗剤や水分が、程よく蒸発するからです。

今回は、窓掃除に便利なアイテムと一緒に掃除方法をご紹介していきます。

炭酸水で簡単掃除

炭酸水は、発砲性を利用することで表面の汚れを浮き上がらせる効果があります。
掃除方法は、炭酸水をスプレー容器に入れて、窓に吹きかけて乾いたクロスで拭き取るだけです。
ホコリや軽い汚れならサッと拭き取るだけできれいになります。

炭酸水は、乾きが早いので、洗剤で掃除したときに残る白い線が残らないのが特徴です。
なので、何度も拭き取る必要がなく、一回で拭き取ることができ簡単に掃除できるメリットがあります。

スクイージー

窓ガラスの掃除にスクイージーがあるととても便利です。
上から下に洗剤や水気を取るのに、簡単に取り除くことが出来て窓がピカピカになります。
効率よく掃除したい方には、おすすめのアイテムです。
また、高いところにある窓の掃除には、スクイージーがあると掃除が断然しやすくなるので、そういった点でも効率がよくおススメです。

スチームクリーナー

サッシにの掃除にはスチームクリーナーがあるととても便利です。
サッシの溝部分に蒸気を噴射して汚れを浮かび上がらせて落とします。
これ一つで、掃除し辛いサッシの掃除も簡単にできるので、掃除が楽しくなりますよ。

また、サッシ以外にも台所や換気扇の頑固な油汚れ、タイルの汚れなどに掃除にも活用できるので、安い物でも一つ持っておくと重宝します。
安い物なら、3,4千円で購入できるので、持っていない人は試してみてはいかがでしょうか?

すりガラスの掃除

すりガラスは表面が凸凹していて、汚れがこびり付くと落としにくくなり、汚れたら早めに掃除する必要があります。
水気を含ませたたわしやブラシで擦って汚れを落とします。

頑固な汚れの場合は、普通に掃除してもなかなか落ちないので、少しコツが必要です。
洗剤をまんべんなくスプレーして、たわしやブラシで擦ります。
その後、しばらく置いて、かたく絞った雑巾で拭き取るときれいに汚れが取れます。

それでも汚れが落ちない場合は、洗剤をスプレーした後、全体にラップで覆い湿布してしばらく置いておきましょう。
しばらく時間を置くと、汚れが浮かびあがってくるので、再びブラシで擦って汚れを落とします。
あとは、水拭きと乾拭きで仕上げればOKです。

網戸の掃除

ab0dc1850c27e6fb99eb405a45a559b0_s

網戸の掃除は、掃除機でホコリを取ってから拭くと楽に掃除ができ、きれいに仕上がります。
余裕があれば外で、水をかけて丸洗いするのも良いでしょう。

①網戸の片面にテープで新聞紙を止めて、反対から掃除機でホコリを吸い取ります。

②中性洗剤を染み込ませたスポンジを2つ用意して、網戸をスポンジで挟み込んで掃除していきます。
網戸がたわまないように優しくこすりましょう。

③水で濡らしてかたく絞った雑巾で、同じように網戸を挟み込んで、拭いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です