もうカビ掃除をしないために!お風呂場のカビ予防策

2369bdbf45a79e7e50ab4a5219331782_s

お風呂場は家の中で最もカビが繁殖しやすい場所です。
油断しているとあっという間にカビが繁殖して、取り除くのにかなり面倒なことになってしまいます。

前回、「カビ取り剤でゴムパッキンの頑固なカビを取る方法」をご紹介しましたが、なるべくカビ取り剤を使わないように日ごろからカビ予防をしていきたいものです。
今回は、カビが繁殖しないようにするための予防策をご紹介します。

カビの繁殖条件

044387

予防策を見る前に、カビの繁殖条件を見ていきましょう。
繁殖条件を知っておくと、対策案が見えてきます。

①温度

カビは、20~30℃の温度を最も好み繁殖しやすくなります。
お風呂あがりにはお風呂場の温度は上昇して、カビにとって最適な温度になっています。

②湿度

湿度70%以上になるとたちまち増殖します。
梅雨の時期になると湿度、温度ともにカビにとって最適な状態を保つため活発に増殖するのです。
湿度は、60%以下に下げることが予防になりますが、湿度関係なく水滴が残っていると繁殖条件を満たしてしまうので、水滴を残さないことも必要になってきます。

③栄養

お風呂場でのカビの栄養源は垢、石けんやシャンプーなどに含まれる界面活性剤、ホコリなどです。
つまり、お風呂場での汚れになる物はカビにとって栄養になってしまうので、これらを掃除して常に清潔に保つことが必要です。

これら3つの条件を断つこと「低温」「乾燥」「清潔」がカビ繁殖の予防策になります。

予防策

6d21607cbb1d304068d540e343f87825_s

温度を下げる

温度は季節によって変わっていくのでどうしようもないのですが、お風呂上りに温度を上げたままにしないようにするだけでも予防効果はあります。

冷水をかける

入浴後に熱いシャワーで、シャンプーや石けんをよく流したら、その後冷水で浴室全体を冷やしましょう。
こうすれば室内の温度は下がり、乾燥も早くなります。
また、冷水の前に45度以上のお湯をかけるだけでカビは除去できるようなので、熱湯→冷水でカビの除去・予防をしましょう。

乾燥させる

窓を開ける・換気扇をまわす

入浴後は水蒸気が立ち込めて湿度が高くなっているので、すぐに窓を開けて乾燥させるようにしましょう。
出来れば、一日に数回窓を開けて換気した方が良いのですが、手間になってしまうので、その代りに常に換気扇を回すようにしましょう。
入浴時以外、24時間ずっと付けておくとかなり予防になります。
電気代もほとんどかからないので、おススメです。

水滴を拭き取る

湿度が下がっていても水滴が残っているとカビは繁殖してしまいます。
入浴後や掃除後に水滴を拭き取っておくと効果がかなりあります。

しかしかなり面倒な作業でもあるので、さっさと簡単に拭き取るだけでも予防になるので習慣的にやっていくことが重要かなと思います。
なるべく簡単にできるように、スクレーパや柄付きのスポンジなどを使うと良いかもしれません。
柄付きのスポンジは天井の掃除にも使えるので、一本持っていると便利です。

栄養源を断つ

DSC_0407

栄養源を断つには、基本的に日ごろの掃除をしっかりして汚れを残さないことです。

シャンプーや石けんは洗い流す

入浴後にシャンプーや石けんが残らないよにしっかりとシャワーで洗い流しましょう。
シャンプーが残っている所だけでなく、熱いシャワーで室内全体を洗い流せばカビを死滅させることができ、そのあと冷水をかければ予防になります。

物の底にヌメリが付かないように収納する

IMG_1935
出典 http://rakukatsu.seesaa.net/

イス、桶、シャンプーボトル等そのままおいておくと、底や裏側にヌメリや汚れが付き、カビの栄養源になってしまいます。
このような室内に置いてあるものは、なるべく床に置かないように吊るすなどして収納することが重要です。
そうすれば、汚れが付かず、清潔に保つことができカビ予防になります。

防カビ剤を使う

ライオンから販売されている「ルック おふろの防カビくん煙剤 5g」除菌成分の銀イオンの煙で黒カビの原因菌を除去し、その後生えにくくしてくれるものです。

Amazonの商品説明では、

銀イオンの煙で浴室全体の黒カビ原因菌をまるごと除菌。カビの発生を防いで、カビ取り掃除の負担を軽減します。除菌成分「銀イオン」の煙が、天井や換気扇の裏までいきわたり、黒カビの原因菌をすみずみまで除菌します。使用後は、黒カビが生えにくくなり、カビ取り剤を使った面倒な掃除の回数や負担が軽くなります。1~2ヶ月に1回の定期的な使用によって銀イオンの防カビ効果が高まり、カビ取り剤を使わなくても、普段の掃除だけでキレイが続きます。

とのことです。
このような製品を使うのも効果にある予防になると思います。
しかし、掃除をしっかりと行った上で効果が発揮されるものなので、そこら辺は考慮しておきましょう。

まとめ

カビの繁殖を防ぐには、「低温」「乾燥」「栄養源を断つ」がポイントになっていきます。

具体的な流れは、入浴後に熱いシャワーでシャンプーや石けんの残りを洗い流して、冷水をかける。
そしてすぐに乾燥させるように窓を開ける、換気扇を回します。
なるべく水気を拭き取るようにして、イスや桶などは汚れが付かないように吊るして収納して掃除もこまめにしていく。
その上で、防カビ剤を使えば、完璧なのではないでしょうか。

ここまでしなくても、冷水と換気、水滴をざっと拭き取るだけでも効果があるので参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です