冷蔵庫の掃除のコツ

ee36f856c5ad00f33dfc55b193c7435c_s

気が付くと、汚れが溜まっている冷蔵庫、どれくらいの頻度で掃除をしていますか?
毎日使うから、手垢も溜まってくるし、意外とホコリも溜まっています。

私たちが口にする食料を保存する場所なので、常に清潔にしておきたいところですね。
冷蔵庫の掃除のコツをご紹介します。

使用する物

  •  重曹
  • アルコール除菌スプレー
  • ふきん
  • スポンジ
  • 使い古しの歯ブラシ

中身を全部出す

DSC_0358

冷蔵庫の掃除をするときは、中身を全部出してからにしましょう。
ただ、食品が多いときは出すのも大変だし、傷んでしまう恐れもあるので、中身が少ない時を見計らって掃除すると良いでしょう。
また、この際に賞味期限が切れたものや使ってないものがあったら捨ててしまいましょう。

外に出すものは食品だけでなく、取り外しが出来るトレーなども全部出してしまいましょう。

全部出して、中を見ると思っていた以上に汚れていたりしますよ。

重曹を使って掃除

洗剤を薄めて掃除するのもいいのですが、取り残しがあると嫌だなと思うので、私は重曹を使っています。
重曹は自然界に存在する無機物なので体に害はありません。
水で薄めてスプレー容器に入れて使用します。(水1カップに小さじ2~3杯を溶かす)

重曹スプレーを使う前に庫内のゴミをふきんで取り除きます。

DSC_0362

重曹スプレーを庫内にまんべんなく吹きかけ、ふきんで汚れを擦り落とします。
重曹は食べ物など酸性の汚れを落としてくれるので、強く擦らなくても汚れを取ることが出来ます(^^♪

DSC_0367

ふきんで落としにくい、レールの溝などはスポンジを使って掃除します。

パッキンの部分も同様に掃除していきます。
パッキンはホコリやゴミが溜まりやすく、放置しておくとかなり不衛生なので、しっかりと掃除していきます。

DSC_0374

溝の部分は掃除しにくいので、使い古しの歯ブラシなどを使うと細かなところまで掃除できます。

DSC_0380

冷凍庫の掃除

冷凍庫を掃除する時は電源を切ってから掃除すると汚れが落ちやすくなります。
電源を入れたままだと、汚れが固まっていてなかなか落とせません。

できれば電源を切って、温度が上がってから掃除するのが一番効率がいいと思います。
冷凍庫の中身は冷蔵庫に保冷剤と一緒に一時的に置いておくといいでしょう。

アルコール除菌で仕上げ

DSC_0373

重曹で汚れを拭き取ったら、アルコール除菌で仕上げます。
アルコール除菌をすれば更に清潔に保てます。
拭き残しがないように仕上げましょう。
パッキンの部分もアルコール除菌しておくとカビ予防にもなります。

トレーなどの外せる部品は丸洗い

DSC_0387

トレーやケースは食器用洗剤で洗った方がきれいになります。
洗った後は、水気を取ってアルコール除菌をスプレーしきれいな布で乾拭きして仕上げます。

外側の掃除

DSC_0356

外側も重曹スプレーとアルコール除菌でしっかり掃除していきます。
扉と扉の間にはホコリや油汚れが溜まりやすく、扉の下の方も汚れやすくなっています。
特に取っ手は頻繁に触る部分なので、よく除菌しておきましょう。

冷蔵庫は定期的に大掃除

DSC_0389

お掃除終了です(^^♪

年に3.4回くらいにこのような大掃除をすると清潔に保てて気持ちよく使えます。
料理のやる気にもなるかもしれません。

細かいところまでやると本当にピッカピカになります。

臭いが気になる時は

冷蔵庫内の臭いが気になる時は、重曹をビンの中に入れて置いておくと臭いが消えます。
重曹には消臭効果もあるので、冷蔵庫に限らず、玄関やトイレにも効果的です。

汚れが付いたら拭くようにしよう

冷蔵庫の掃除を徹底的にやると結構な手間になります。
また汚れを放っておくと、すぐに固まって落としにくくなるので、汚れが付いたらその都度拭くようにして、掃除を楽にしましょう。
汚れを拭くときは、水拭きでもいいのですが、アルコール除菌スプレーで仕上げたほうが、雑菌の繁殖予防になります。

冷蔵庫の汚れが原因で食中毒になったらつまんないですよね。
また、健康的で気持ちよく使えるようにこまめな掃除を心がけていきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です