タスク管理アプリを使って習慣化させよう

1bdc02948197c0352782ba338c1c27e1_s

前回、「片付け・掃除を習慣化させる6つの方法」の記事で習慣化させるための方法の一つに、自分の行動を管理することを挙げました。
自分の行動を管理するために記録や予定を付けるツールには、スケジュール帳やノートがありますが、その中でもスマホのアプリは、便利で面白いものがたくさんあります。

そこで今回は、タスク管理アプリをいくつかご紹介したいと思います。

Do! – シンプルでいい To Do List

シンプルで使いやすく、分かりやすいタスク管理アプリです。
やるべきことをどんどん記入していって、日程を決めれば見やすくなります。
また、アラームも設定でき、やり残し防止にも。
完了したタスクはダブルタップで、取り消し線を引くことができて、あと何をやるべきか一目で分かるようになります。

screen322x572screen322x572_3

App Storeからのダウンロードはこちら

お掃除計画カレンダークリカレ

お掃除計画のサポートをしてくれるカレンダーアプリです。
定期的に行うお掃除を登録して、完了したらカレンダーにチェックを入れるだけです。
お掃除予定日には、通知が来るようになっているのでサボり防止に。
いつ以来掃除していないか、一目で分かるようになっています。
また、年間記録で一年間でどれだけお掃除したかも確認できようにもなって、継続して続けられれば自分の頑張りが確認できます。

12

App Storeからのダウンロードはこちら

スケジュールプランナー

このアプリは、一日のスケジュールを簡単に立てられ、実際に行った内容との違いをグラフで比較することができます。
スケジュールの内容は、「仕事」や「健康」「教育」など8つのカテゴリで分けることが出来て、自分が何にどのくらい時間を割いているかが分かります。

計画を立てた内容のなかで、実行できたら現行リストに移すことできます。
計画と時間がずれた場合は、移動する際に時刻を変更して、実際の行動が後で分かるようになる仕組みです。

カレンダー機能のついていて、その日の計画内容がカテゴリごとに色分けされて表示されます。

screen322x572_1screen322x572_b

App Storeからのダウンロードはこちら

Google playからのダウンロードはこちら

手書きチェックリスト T-ToDo

紙に書くような感覚でサクッとToDoリストを作ることが出来ます。
チェックリストで完了した内容は、タップするだけで取り消し線を付けることができます。
文字入力が苦手な人も、これなら簡単に早く書くことが出来ておすすめ。

screen322x5screen322x57

App Storeからのダウンロードはこちら

Yomo(時間管理アプリ)

このアプリの特徴は、行動した時間の始まりと終わりをワンタッチで記録してグラフに残せるという点です。
スケジュール通りに行動するためのアプリではなく、自分のタイミングで行動して記録に残せるので、長続きしない人でも続けやすいようになっています。
グラフは折れ線グラフになっていいて、一目で自分がどれだけの時間やれているかが分かります。
自分の今までの頑張りが分かるので、モチベーションも維持できるのではないでしょうか。

screen2screen

App Storeからのダウンロードはこちら

明日から本気出すタスク管理

気軽な気持ちでゆるくいきたい方は、このアプリがおすすめ。
使用方法は、やるべきことを入力するだけです。
他のタスク管理アプリとの違いは、先延ばししても良いようになっていることです。
「明日から本気出す」と「いつかやる」のリストがそれぞれあり、先延ばしになっているタスクがずらりと見ることが出来ます。
タスクを終了させないと、先延ばしている日数が表示されるので、自然と「そろそろやらなきゃな」と思うようになります。

今日やるべきタスクは、Twitterで宣言できるようにもなっています。

unnamedunnamed

App Storeからのダウンロードはこちら

Google playからのダウンロードはこちら

あとがき

いかがでしたでしょうか?
タスク管理アプリはさまざまあるので、なにを使えばいいのか分からないという方は参考にしてみてください。
アプリを活用すれば、続けやすくなるので、いくつか試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です