断捨離の仕分け基準~キッチン編~

b108032efe8c449b7b33ee3bead2f29b_s

キッチンの食器棚はごちゃごちゃしがちです。
食器や調味料や調理器具など使ってない物がありませんか?

キッチンは特に限られたスペースで収納しなければいけないので、断捨離をしてすっきりさせたい人も多いと思います。
せっかく断捨離して片付けるなら、本当に必要な物だけを残すようにしたいものです。

そこで今回はキッチンでの断捨離の仕分け基準をご紹介します。

食器の仕分け

77132c1d8b0064881d582f86643458c9_s

食器は長く使っている物から、貰いものや景品などで自分では気付かないうちに増えてしまうものです。
食器棚の奥に一回も使わずに眠っている物があるかもしれません。

なので、どのくらいの物があるのか把握するためにも、食器棚に収納されている物はすべて出してから断捨離を行いましょう。

一回も使ってない食器は捨てる

貰いものや景品などが多いと思いますが、一回も使ってない食器類は迷わずに捨てましょう。
それが高価な物だったとしても、使ってなければ物の価値はどんどん下がるだけです。

きれいな状態なら、ヤフオクやリサイクルショップなどで買い取ってもらうのも手です。
ただし、売る場合はすぐに実行しないと、いつまでも家に置きっぱなしになる可能性があります。

食器買取 福ちゃんという食器買取専用店もあるみたいです。
出張無料査定もできるので、試してみてはいかがでしょうか。

必要な数だけ残す

食器やコップなどは同じ物があると思いますが、適正な量であるか把握する必要があります。
使う物だからといって、必要以上にあるとスペースの無駄にもなりますし、なかなか片付けることができません。

同じものがあった場合は、一週間で使う回数を調べて必要な数だけ残すようにしましょう。
来客用以外でマグカップや箸が、家族の人数分以上あるなら人数分だけ残して、後は処分しましょう。
人数分あれば十分ですし、壊れたら買えばいいだけの話です。

無駄なスペースが出ないように、必要以上に残すのはやめましょう。

調理器具の仕分け

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s

調理器具にはせっかく買ったのに使わない物や、同じ物が何個もあったり、代用できるものがあるので、断捨離で片付ければかなり処分する物が出てくると思います。

一年以上使わなかった物

もともと使う場面が少ない、ミキサーやフードプロセッサーや圧力鍋などで、一年以上使っていなかったら思い切って処分してしまいましょう。
使う予定がある物なら残しておくべきですが、一年以上使っていなければ、処分しても困ることはないです。
むしろ大型の調理器具は場所を取るので、使っていないなら、かなりの無駄になっています。

このような物は安くはないので、捨てるには勇気が要ると思いますが、捨ててスペースが増えるメリットを考えれば難しくはないはずです。

同じ物・代用できる物

計量スプーンやトングなど同じ物が複数ある場合がありますが、一つだけ残して後は処分しましょう。
一つだけあれば十分です。
ピーラーなどは切れ味がなくなって使えない物が何個も残っている場合があるので、使えなくなった物はすぐに捨てる習慣も付けると良いですね。

調味料・食品の仕分け

0065f2ef3fa40ac0226517252be881a5_s

仕分けというほどでもないですが、調味料や食品は分かりやすく、賞味期限の切れたものは処分することです。
簡単だと思いますが、賞味期限が切れても何か月も残っている物が、意外と多いと感じると思います。

中が見える透明の収納ボックスを使う

食品は収納棚にそのまままとめておくと、賞味期限がいつか分からなくなってしまうので、中身が見えるように透明の収納ボックスに入れて収納しましょう。
収納ボックスは統一すれば、見た目もきれいに整理できて、一目で何があるか分かりやすくなります。

まとめ

思い切って断捨離を行えば、かなりすっきりすると思います。
物が少なくなれば、物の管理もしやすくなり、効率よく調理ができます。
また、キッチンは汚れやすい場所でもあるので、物の数が減れば掃除もしやすくなります。

このようにキッチンは断捨離で無駄なスペースを減らすことのメリットが良く実感できる場所だと思うので、皆さんもぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です