きれいな部屋を維持できる!?断捨離の意味とその効果

0941eaee4d34750ad7118fba625e1688_m

2010年の流行語にも選ばれた「断捨離」。

皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。

物を捨てるというイメージが浮かぶと思いますが、詳しく理解している人は少ないんじゃないでしょうか。

断捨離とは

そもそも断捨離とはどういう意味なのでしょうか。

断捨離とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」の考え方を応用した、生活において不要な物を断ち、捨てることで物への執着をなくし、人生を快適で豊かなものにするという考え方です。

「断行」: これから入ってくる不要な物を断つ(無駄な物は買わない)

「捨行」: ずっと置いてある不要なものを捨てる

「離行」: 物への執着から離れる

それぞれこのような意味がありますが、その中でもただの片づけとは違う、断捨離の最大の特徴は「物への執念から離れ、それによって今の自分にとって必要なものだけを残す」という考えを身に付けることです。

片付けても片付けてもすぐ散らかってしまう人や、使っていない物なのに捨てられない人は物への執着が強い人です。
今使っていない物でも「もったいない」「いつか使うかも」と残してしまうのは、物への執着があるからです。
物への執着によって、部屋が不要な物で溢れさせ、片付かない原因になっているのです。

逆にいえば、物への執着から離れることが出来れば、本当に必要なものだけが残り、片付けた後も不要な物を増やさなくなるのです。
その結果、部屋をきれいな状態に保つことが出来るのです。

断捨離が目指すところはそこにあり、そのために行うことが「断行」と「捨行」なのです。

物への執着から離れるためには

物への執着から離れるために行うことが「断行」と「捨行」です。
「断行」とはこれから入ってくる物に対して、本当に必要かどうか判断する事、「捨行」とは今ある物に対して、本当に必要かどうか判断する事です。
ただ感覚で判断するのではなく、判断基準をしっかりと持ち、一つ一つ丁寧に判断することが断捨離では重要になっていきます。

判断基準

「物がまだ使える使えないか」ではなく「自分が今使うか使わないか」で判断することです。
ポイントは2つ、「自分が使っているのか」と「今、必要なのか」です。
自分が主体となって必要かどうか考えることが、自分にとって本当に必要なものか見えてきます。
また、「今、必要なのか」と考える事も重要で、「過去使ったから」「この先使うかも」という判断では物への執着から離れているとは言えません。

2つのポイントは、どちらも物への執着がなく、ただ単純に「今必要なものであるか」「自分が使いたいものであるか」を考えることになります。
この判断基準を持って、物の取捨選択を繰り返せば、必要なものだけを残す習慣ができ、次第に物への執着から離れられるようになるのです。

一つ一つ手に取って判断する

判断基準を持っただけでは人間、考え方一つ身に付けることは難しいものです。
そこで、物の取捨選択を行う時は、一つ一つ手に取って自分にとって必要かどうか問いかけるようにします。
そうすれば、どんな物でもしっかり考えるようになり、次第に考え方が身に付いてくるのです。

断捨離の効果

b85252ec51fe6652f77854c073722ebb_m

では具体的にどのような効果があるのか見てみましょう。

きれいな部屋を維持できる

断捨離は、ただの「片づけ術」や「収納術」とは違い、物への執着から離れ「不要な物を捨て、増やさない考え方」を身に付けることができます。

なので断捨離の技術を身に付ければ、部屋が要らない物で散らかったりすることがなくなります。

また、必要なものだけを残すので、当然物の数は減り空間にゆとりができ「片づけ」「掃除」がしやすい環境になり、きれいな状態を維持できるようになるのです。

 仕事の効率が上がる

8153dd35fb1159097ff52fcc312e3920_m

まわりが必要なものだけで整理されていれば、目に見える情報が減り、頭の中がすっきりした状態で仕事ができます。

物で溢れている場所で仕事をすれば、誘惑も多くて仕事に集中できませんよね。

作業周りには、仕事に集中できるように必要なものだけを置くことで効率が上がるのです。

人間関係が良くなる

物と向き合い、自分にとって必要かどうか判断することと同様に人間関係でも、その人が自分にとってどのような存在か整理することができます。

自分にとって大切な人なら、それまで以上に大切に接することができ、逆に苦手な人や嫌いな人なら、無理に合わせることなく一歩身を引いくことで人付き合いが楽になっていきます。

それが結果として人間関係を今まで以上に良くすることに繋がります。

お金が貯まる

fdbb0f831225d2748dec1b68139fe63d_m

仕事がはかどることで収入が上がったり、無駄な物を買わなくなるのでお金が貯まるようになります。

断捨離では、これから入ってくるものに対しても、必要かどうか判断する力身に付くので無駄な買い物がなくなるのです。

たとえ買い物に失敗したとしても、物への執着から離れていれば、すぐに売ったり処分したりすることができます。

健康的になる

きれいな部屋が維持でき、掃除や家事がしやすい環境は健康面でも効果があります。

掃除が行き届いた清潔な部屋で過ごすことは、当然散らかっている部屋で過ごすよりも健康的です。

整理整頓されていれば料理などの家事にもやる気ができ、結果的に健康的な生活につながっていくのです。

また、人間関係が良くなり、人間関係によるストレスがなくなればより健康的になるでしょう。

やりたいことが分かるようになる

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

断捨離は、今の自分にとって本当に必要な物を残すので、部屋にある物を見返すと自分が好きな物が何なのかが分かるようになります。

自分が好きなものが何なのか理解していれば、今自分がやるべきことやりたいことが見えてくるはずです。

部屋の中も、頭の中も整理してある状態なら、自分が移すべき行動が明確になっていくのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
断捨離のことが少しでも分かっていただけかと思います。
「物への執着から離れて、今の自分にとって本当に必要なものだけを残す」という考えを身に付けることが出来れば、その後再び部屋が散らかることはなくなるでしょう。
そうなれば、生活はガラリと変わり、ご紹介した効果もあるかもしれません。

断捨離の効果は、人それぞれ違うと思いますし、実際に断捨離をやり切って身に付けた方にしか分からないことです。
しかし、人それぞれ違いはあれど、いい方向に変わり人生を豊かにしてくれると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です