断捨離で洋服を捨てる5つの判断基準

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_m

前回「断捨離で整理整頓された部屋にするためのステップ」の記事で断捨離の「仕分けの判断基準」をご紹介しましたが、今回は物を「洋服」に絞ってもう少し詳しい内容をお届けします。

洋服は、捨てる判断に迷いやすい物だと思います。

しかし残す物を厳選すれば、クローゼットやタンスの中は自分が本当にお気に入りの洋服だけの、すっきりした空間になります。

自分の好きな洋服だけになるように仕分けのポイントを見ていきましょう。

すべての洋服を出す

前回の記事でも紹介したように、まずはすべての洋服を一か所に出しましょう。

すべて出すことで効率よく作業ができます。

洋服は捨てなければどんどん増えていくので(特に服をよく買う人は)大変な作業になります。

そのため、時間に余裕のある時に一気にやってしまうのが良いです。

仕分けのポイント
①1シーズン通して着なかった洋服は捨てる

bdabbdb3ce29521e657b1ad8090f282f_m

1シーズン着なかった洋服は来シーズンもまず着ません。

基本的に物は古くなれば価値が下がっていきます。

洋服に至っては、流行りやその時の型があり、一度着なくなったものは再び着ることはないでしょう。

新しいものであっても同じです。

もったいないと感じるでしょうが、着ない服を持っていてもスペースの無駄になるだけなので思い切って捨ててしまいましょう。

この判断基準で、処分する服のほとんどが当てはまると思います。

②サイズが合わない洋服

いつも同じ体系を維持できる人は関係ありませんが、人は時間の経過とともに体系が変わっていくものです。

今の自分のサイズに合わない洋服は、迷わず捨てるべきです。

穿けなくなったズボンを「ダイエットしていつか穿けるようになるかもしれない」ともしもの未来のことを考えていたら物はなかなか捨てることは出来ません。

断捨離で重要なのは今の自分にとって必要な物だけを残すことです。

③気持ちが薄れた洋服

たまには着るんだけどいまいちピンとこない、気に入って買ったつもりなんだけどそうでもなかった服ってありますよね。

徐々に気持ちが薄れていく物もあると思います。

そういって洋服は段々着なくなります。

①の判断基準よりももう少し厳しめの基準ですが、すっきりとした快適な空間にするためも実践しておきましょう。

④今の生活に適さない洋服

学生から社会人になったり、転職したり生活の環境が変わることで、適さなくなった服です。

学生服やスーツ、作業服などです。

思い入れはあるかと思いますが、未練を残していると人生良い方向へは行かないのでこの機会に捨ててしまいましょう。

⑤同じような洋服

人には好みがあるので同じような洋服は多くあると思います。

好みのタイプの服なので、同じようなものであってもすべて残しておきたいかもしれませんが、ここはその中でもお気に入りだけを残して後は勇気を出して捨ててしまいましょう。

同じような洋服を何枚も持っていても、着るのはごく一部であることが多いです。

お気に入りだけを残しておけば困ることはないはずです。

自分の好きな物が明確になる

_DSC6293

以上のことはポイントにおさえて仕分けていけば、クローゼットの中はすっきり、自分の好みの洋服だけの素敵な空間になるはずです。

そして、断捨離を行えば自分の好きな物だけが残り、本当に好きな物が明確になります。

厳選されたことにより、自分でも気付かなかったお気に入りの服の傾向など新たな発見にもなります。

そうなれば、服の買い物での失敗が減り、オシャレの幅も広げやすくなるでしょう。

すっきりした空間を維持するために

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_m

せっかく断捨離を行ってすっきりさせなら、この快適な空間を維持できるようにしたいものです。

また、ふたたび必要ない洋服が増えないためのポイントを見ていきましょう。

①部屋着へ降格させるはやめよう

着なくなった服を部屋着として降格させようと考えるのはやめましょう。

この方法は着なくなった服を捨てずに、また部屋着として使おうとするので、着なくなった服が捨てれなくなってしまいます。

このような考え方では、せっかく断捨離を行っても部屋着が必要以上に増えていまい、結局また服でいっぱいになってしまいます。

部屋着は部屋着として好きな物を必要な数だけ買いましょう。

②一つ買ったら一つ捨てる

このルールを行えば、すっきりした空間を維持でき、再び大量に仕分けをしなくても済みます。

最初は抵抗があるかもしれませんが、習慣的に行っていけば不要な洋服を見極められるようになるでしょう。

買ってばかりいては、増える一方なので確実に守りたいルールです。

まとめ

参考になったでしょうか。

断捨離は、洋服を片づけるだけでなく、自分にとって必要な物を残し、必要な物を見極める力にもなります

断捨離を通じて、自分の好みの傾向を認識できればこれからの生活もより豊かなものになるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です