洋服の適正量を知って、整理されたクローゼットを維持しよう!

bdabbdb3ce29521e657b1ad8090f282f_m

以前、洋服の断捨離でクローゼットを整理する方法をご紹介しましたが、今回は洋服の適正量について考えてみたいと思います。

前回は、断捨離で洋服を捨てる判断基準を示し、必要なものだけを残し、クローゼット内をきれいにするとういものでした。
そして、今回はそれに付け加えて、自分の洋服の適正量を知るために行うべきことをご紹介したいと思います。

適正量は人によって違う

08da088fca3f52d6a06d426b05c017b9_s

その人のライフスタイルがあるので、当然、洋服の適正量は人によって変わってきます。
例えば、平日はスーツで私服の時は土日だけという人と、毎日私服の人では洋服の適正量は全く違うものになります。
またその人のファッションへの興味の度合いによっても大きく変わってくるので、「ここまで減らせばOK」というような基準はないのです。

ですから適正量は、片付けて整理した後の生活の中で、徐々に分かってくものなのです。

洋服が沢山ある人はまずは捨てる

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_m

断捨離を行って、必要な服しか残っていないという方はいいのですが、まだクローゼットやタンスの中に使っていない服が沢山あるという方は、まずは使っていない服を捨てるところから始めるべきです。

洋服の適正量を知るには、今自分がどれだけ服を持っているか把握する必要があります。
洋服の適正量は人それぞれ違うので、「ここまで減らせばOK」というようにはいきません。
なので服をどれだけ持っているか把握して、そこから適正量を探っていく作業になってきます。

ですからまずは、使っていない服を捨てて、取り敢えず必要だと思う服だけを残して、今ある服の量を把握しなければなりません。

着回しを意識して洋服を選ぶ

80f094d08590e78a1ed0528042e48a8b_s

「私は毎日私服だから、人の何倍も服がないといけない」とお思いの方、本当にそうでしょうか?

毎日私服で過ごす人でも、上手に着回しをすれば、洋服をグッと減らすことができるはずです。
単純にトップスとボトムスとインナーが各5着あれば、125通りの着回しが出来ます。
もちろんそんな単純にはならないでしょうが、買い物時に着回しを考えて服を選べば、それには近くはなります。

着回しを意識して洋服を選んで過ごせば、次第に適正量が分かり始めてくると思います。
トップスが何枚、インナーが何枚、ボトムスが何枚と具体的になれば、「トップスが足りないな」とか「インナーはこんなに要らないな」とはっきり分かるようになります。

上手な着まわし方

上手に着回すには、服を買う前にまず、イメージを整えるようにしましょう。
自分がどういう風になりたいかイメージすることで、方向性が全く違う服を選ばなくなります。
また、カラーを3~5色くらいに限定することで服を合わせやすくなります。

そして、インナーに関しては着回ししやすいので、違うカラーの物を揃えるようにしましょう。
黒、白、グレーの王道の三色があれば、いろんな服で着回しできるので持っていると重宝します。
同じ色ばかり持っている人は、シンプルな色違いを揃えるだけで、着回しの幅が広がりますよ。

まとめ

適正量を知るにはまずは、断捨離で洋服の量を減らすこと
そして、買い物時に家にある服のことを考えて着回しを意識すること
これをしばらく繰り返すことで、自分にとっての適正量が具体的に分かってきます。

人によっては、少し時間がかかるかもしれませんが、分かってしまえば、散らかることはもうなくなり、洋服選びにも失敗しなくなります。ファッションもより楽しくなると思います。
適正量を把握しているということは、自分のスタイルが確立していると言ってもいいと思います。

スタイルが確立している人は、オシャレで生き生きしているように見えるものですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です