ゴミの日は毎回捨てる習慣をつけよう!

086354

片付けられない人は、物の数が多い人であることが多いです。
そして、部屋が散らかっていても無頓着な人も中にはいると思います。

散らかった部屋に対して無頓着という人は、ゴミがあっても気にしません。
汚部屋でも基本的には気にしないのです。
そんな人が片付けられるようになるには、どうすればいいのでしょう。

いくら汚部屋に対して無頓着だったとしても、片付けたい気持ちはあるはずです。

汚部屋に対して無頓着な自分に嫌になっている人がいると思います。

筆者がそうでした(-_-;)
普段は、ゴミが落ちていても気にしなかったのですが、ふと冷静になって部屋を見渡してみるとその汚さと、片付けなくても平気な自分に落胆していたんです。

今は、ゴミが出るとすぐ捨てる習慣が付いているんですが、ちょっと前までは、こんな感じでした。
こんな人が片付けをできるようになるには、時間が掛かったのですが、その前にゴミをちゃんと捨てる事からのスタートだったんです。

部屋の片付けを行う前に、まずゴミを捨てる習慣をつけなければ、汚部屋からは抜け出せません。

今回は、筆者が部屋のゴミをちゃんと捨てれるようになるまでのお話をしたいと思います。

取り敢えずゴミ袋にゴミを入れる

ゴミを見たら即ゴミ箱に捨てるように徹底しなければなりません。
しかし、ゴミ箱はすぐにいっぱいになるので、そこからゴミがテーブルの上に置きっぱなしになってしまいました。

なので、筆者は取り敢えず、ゴミ袋をすぐ取り出せる位置に置いて、ゴミが出たら直接ゴミ袋に入れていました。

いっぱいになったら次のゴミ袋へ、ゴミ袋はそのままテーブルの横に置いておきます。
部屋の中にゴミの入ったゴミ袋が何個もあるので、いい気分はしませんでしたが、取り敢えず捨てる意識は少しは付いた気がしました。

ゴミの日にゴミを出す習慣をつける

当たり前の話ですが、ゴミの日にはゴミを出します。
しかし、汚部屋の住人はそれがたまにしかできません。

そもそもゴミが捨てれない人は、ゴミの日を把握していないのです。
うろ覚えです。

なので、ゴミの日が分かるように、張り紙を部屋の中の見える位置と玄関に貼りました。
ついでにカレンダーも貼って、ゴミの日を忘れないように出来るだけ見るようにしました。

ゴミを出すときは、部屋に置いてあるゴミ袋をそのまま出せます。

こうやって徐々にゴミを捨てる習慣をつけていきました。

半年程経って

ゴミを出せない時や面倒くさくなる時もありましたが、何とか習慣的に出来るようになりました。
部屋は、ゴミがなくなって、ゴミ袋にそのまま入れることもやめました。

不思議なもんで続けていくと、ゴミが落ちていても今まで気にしなかったのが、自然とゴミ箱に捨てるようになったのです。

今では、部屋のゴミ箱がいっぱいになる前に、ゴミ袋に捨てれるようになりました。
ゴミの日も確実に毎回捨てています。
ゴミがなくなるのが気持ちよくなってきたのです。

もし、あなたがゴミに無頓着で捨てれない人だったら、取り敢えずゴミ袋にゴミをまとめていく事から始めてみてください。
まとめていくと、だんだんゴミを捨てたくなってくるので(^_-)

焦らず気長に改善していきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です