片付けられない3つの原因とその対策!

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_s

片付けが出来ない。
片付けをしてもすぐに散らかり、片付けが嫌になる。
どうすればいいのか分からずに悩んでいる人がいると思います。

では実際にどうすればいいのでしょうか。

片付けが出来るようになるには、できない原因を知ることが必要だと思います。
原因が分からなければ対策を立てても的はずれになるかもしれないからです。

今回は片付けられない人の原因とその対策をご紹介します。

一つずつ原因と対策を見ていきましょう。

1先延ばしにする

04ad1d2ae1082167608759798a941844_s

片付けられない人のほとんどが当てはまると思います。
確かに片付けはめんどくさいと感じる時もありますし、あとでやろうと思ってしまうこともあります。
しかし、先延ばしにしても結局は片付けはしなければいけません。

片付けを先延ばしにすればするほど、片付けるべき物の数が増えていき、手が付けられないほどの状況まで追い込まれてしまいます。
そこから片付いた状態まで戻すのには、大変な労力と気力が必要になります。
そうなったら片付けをすることが、ますます億劫になり先延ばしにする癖が直らなくなってしまいます。

本来、片付けはそこまで苦労するような作業ではありません。
使ったものはすぐに片付けれは、ほんの数秒で終わってしまいます。
食器洗いも時間にしてみれば、5分程度で終わることです。

片付けられない人は、それぞれ先延ばしにするスパンはあると思いますが、このような簡単に終る作業でも溜めておくと大変な労力が掛かってしまうのです。

対策

では先延ばしにしないためにはどうすればいいのでしょうか。

それは単純で片付けをもっとシンプルにとらえることです。

先ほども言いましたが、片付け一つ一つを見れば苦労するようなことではありません。
あなたが会社で行っていることや家事を考えれば、片付けなんて大したことないのです。
使い終わってすぐ片付ければ、すぐに終わってしまいます。

片付けができない人は、片付けを物凄いめんどうなもの、労力が必要なものと捉えてしまいがちです。
もっとシンプルに簡単にできることだと考えれば、楽な気持ちで取り掛かることができるはずです。

とは言っても毎日のことですからたまには嫌になる時もあるかもしれません。
そんな時は、好きな音楽でもかけてリラックスした気持ちで焦らずゆっくりやっていきましょう。
忙しいときでも、少しでもリラックスできる時間を作ってやれば、嫌な気持ちも吹き飛んでしまいます。

大事なのは気負わずリラックスして片付けを楽にとらえることです。
片付けは生活のほんの一部なので深く考えることはないのです。

2物が捨てられない

0941eaee4d34750ad7118fba625e1688_m

物が捨てられない人は、必然的に物の数が多くなり、片付けができなくなることになります。
毎日の生活の中で、物は必ず増えていくのですから不要な物、使わなくなった物は捨てていかなければいけません。
でなければ、収納場所は次第に無くなってきて、物の行き場がなくなり散らかってしまうのです。

対策

しかし逆にいうと、捨てることができさえすれば、部屋は物で溢れることがなくなるので、片付けのしやすい環境になるはずです。
捨てられない人の多くは、捨てたくてもなかなか捨てる決断をすることが出来ないので、意識を変えていくことが必要になってきます。
物を捨てられない人は「いつか使うかも」「思い出のものだから」「捨てるのがもったいない」など物への執着から捨てられないので、執着をできるだけ無くせるようにしなければいけません。

その方法の一つに「断捨離」があります。
断捨離は、物への執着から離れて、物が再び増えないようにすることが目的です。
このような意識を変えるところは普通の片付け術との違いなので、物が捨てられない人は断捨離をすることをおすすめします。

断捨離についての記事はこちらからどうぞ。断捨離の記事一覧

3物の置き場所を決めていない

7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_m

物はそれほど多くはないけど、浮遊している物が出てくるというケースがあります。
その場合、1で紹介した「片付けを先延ばしにしている」か、「そもそも片付ける物の置き場所を作っていない」のどちらかです。

物の置き場所を作らなければ、当然物は行き場をなくして散らかってしまいます。
片付ける時も、取り敢えず引き出しの中にごちゃごちゃっと入れたり、取り敢えず紙袋にまとめて入れて部屋の隅に置いておいたりして、明確な片付け方ができなくなります。

対策

この場合必要になってくるのは、すべての物の置き場所を決めてあげることです。
仕事机に本を置く時には、何冊か置けるブックスタンドを置くように物の置き場所を作ってあげます。
このような置き場所が無ければ、本は平積みされるだけで机上は散らかってしまいます。

引き出しの中でも、仕切りで区切って細かな物でも一つ一つ置き場所を決めてあげれば片づけやすくなり、散らかりにくくなります。
収納するスペースが足りない場合は、捨てるべき物があるかどうか見直してスペースの確保をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
片付けられない人は、この3つのどれかに当てはまっているのではないでしょうか。
もしくは、3つすべて当てはまる人もいると思います。
片付けが出来るようになるには、片付けが出来ない原因を分析した上で必要な対策をしましょう。
でなければ、一度は片付いたとしても、その後はうまく片づけることが出来ずにリバウンドしてしまいます。

そして3つのケースに言えることですが、自分の意識を変えていくつもりで取り組むことが重要です。
片付けをする時は、結局自分の意思で行うことなので自分の意識を変えるという気持ちを持たなければいけません。
その気持ちを持って、片付けやすい環境を作れば、あとは習慣的に行うだけです。
大丈夫です。意識的の行えば誰でも片付けは出来るようになるんですから。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です