片付けを楽にする捉え方

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

片付けが出来ない人からすると、片付けをすることはハードルが高く考えただけでも億劫になってしまうかもしれません。
そういう人に限って、片付けを必要以上に大きなものと捉えてしまっています。
しかし、考え方によっては、とても楽なものへと変わることだってあるのです。

今回は、片付けを楽にする捉え方を考えてみたいと思います。

片付けはシンプル

片付けは複雑なことではありません。
要らない物は捨てて、必要な物はしまうだけです。
特に片付けは要らない物を捨てることが出来れば、ほとんど出来たようなものです。
後は、置く場所を確保して収納するだけなのですから。

なので、まずは単純に捨てることだけを考えればいいのです。

 一気にやらなくてもいい

片付けをする上で注意する出来なのは完璧を求めすぎて、捨てることから収納まで一気にやろうとしないことです。
もちろん一気にやることが出来れば、それに越したことはないのですが、片付けが苦手な人はいきなり、一気にやろうと思うと気が滅入りますし長続きしません。
なので、妥協点があっても全然良いので、少しづつでも着実にすすめることです。

気長に焦らず

片付けを行う時は、リラックスして気長に焦らずやればいいのです。
時間がない時は、ほんの少しだけしかできなくても焦る必要はありません。
無理してやろうとすれば、それだけストレスになりますし、途中で挫折してそれこそ、いつまでたっても片付かなくなってしまいます。
大事なのは、無理せずリラックスして行うことで、少しづつでもいいから着実に行うことです。

片付けは生活のほんの一部なので深く考えることはないのです。
好きな音楽でもかけながら、気楽にやりましょう。

ゲーム感覚でやってみる

一日に片付ける時間を決めて、今日はどれだけ出来るかゲーム感覚でやってみることも良いと思います。
昨日よりもちょっと出来たとか、達成感があればそれだけ続けやすくなります。
今日の目標たてて、達成できれば自分へのちょっとしたご褒美を用意したりするのも良いかもしれません。

まとめ

片付けが出来ない人は、とにかく片付けを楽に捉えて、考えすぎないようにすることです。
リラックスして鼻歌でも歌いながらやる感覚で行えば、自然と出来るようになります。

片付けが出来ずに悩んでいたら、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です