汚部屋からの脱出へ!片付けのやる気を出すための5つの方法とやり切るための4つの事!

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

ふと顔を上げると目に入ってくるのは、散らかり放題の物やゴミ。
目をそむけたくなり、テレビやネット、ゲームへ現実逃避してしまう。
やらなきゃいけないと思っていても、動くことができない。

汚部屋に悩んでいる方は、片付けしたくてもできない辛さを持っていると思います。
かつて筆者も汚部屋から脱出できずに悩んでいました。

片付けができずに悩んでいる人は、物事を深く考えすぎている人が多いと思います。
「手間」とか「時間」とか、「どこからやるべきか」とか考えていると手が動かなくなり、自分を責めてさらにやる気がなくなってしまう。
このような悪循環に陥っているのだと思います。
私がそうでしたからw

しかし自分を責める必要はありません。
片付けは、やり方や考え方や少しづつの行動で誰でもできるようになります。
片付けができない人は、そのようなノウハウを持っていなかっただけです。

そもそも片付けができずに悩んでいる人は、片付けをしたいと思っている人なので、少しづつの努力必ずできるようになるのです。
何事も学習や練習が必要なのと同じで片付けも例外ではないのです。

しかし、そのはじめの一歩を踏み出すには勇気が必要かと思います。
そこで、片付けをするためのはじめの一歩を踏み出せるように、やる気を出すための方法挫折しない、最後までやり切れるための事をご紹介します。

やる気を出すための5つの方法

1e554446381f5f04d4599f32e00abd90_s

①片付いた部屋でやりたいことをイメージする

片付けを何のためにやるのかを、考えてみます。
それは、「きれいな部屋でくつろぎたい」でもいいし「スペースを確保して筋トレしたい」「大好きなフィギュアを飾りたい」「欲しかったソファーを置きたい」とか「とにかく大の字で寝転がりたい」でも良いです。
どんな小さなことでも良いので、片付いた部屋でやりたいことをイメージするとモチベーションが上がり、行動しやすくなります。
イメージしたものが、あなたの本当にやりたいことであり、片付けをするための明確な目標になります。
これは、漠然と片付けをしなきゃいけないと思うよりも、遥かにやる気を出させてくれるはずです。

②片付けを投資と考える

b85252ec51fe6652f77854c073722ebb_m

片付けを自分に対する投資と考えることです。

①と似ていますが、それよりも広範囲に「リターンを得ること」を意識した考え方です。

片付けをすると自分にとってあるいは家族にとってでもいいです。どのようなメリットがあるかを考えるのです。
例えば、単純に片付けで悩むことがなくなります。
友人や恋人も招きやすくなります。
また、健康的にも汚い部屋で暮らすより良いでしょう。
物が整理されれば、無駄な買い物も減り、経済的にも良いかもしれません。

このようなメリットを考えると自然とやる気が出てくるでしょう。

③理想の部屋をイメージする

fbb0c9347e2426ab2a0022c953ce0db2_s

ただ片付いた部屋を目指すのではなく、理想の部屋をイメージすると楽しく片付けができるようになります。
 ①のやりたいことをベースにした部屋の作りをイメージするといいでしょう。
フィギュアを飾りたいなら、専用の棚や照明を置くなど。
ネットや雑誌などで見てそのようなイメージを膨らませるのもいいと思います。

④ネットや本で調べる

b2b6600577c75487840c6b385b1bcebd_s

ネットや本の情報を調べていると、実践したくなりやる気が出てきます。
特に本には、片付けの方法だけでなく、片付けによって得られるメリットがよく書かれているのでおススメです。
思ってもみなかった深いことがあって、目から鱗が落ちるものもあると思います。

⑤取り敢えずやってみる

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

簡単なことでいいので、取り敢えずやってみてください
動いてみると案外スムーズに片付けが進んでいくものです。
頭で考えるよりもまずは手を動かすことで、いい意味で何も考えず無心になって片付けができたりします。

この時注意することは、片付けの最中はテレビを付けないことです。
視覚的に情報が入ってきてしまうと、そっちに気を取られ手が止まってしまうからです。
このような経験は、皆さんあると思います。

最後までやり切るためにやっておきたい4つの事

4475ec4cd2bf7d32531bfa0daf842c79_s

ここからは片付けを最後までやり切るための事をご紹介します。
片付けをやり切るための事ですが、これらを最初に決めることでモチベーションアップにもなります。

①期間を決める

片付けを本格的に進めるなら、達成するまでの期間を決めておくと計画的に進めることができます。
注意すべき点は、無理な計画を立てないことです。
無理な計画を立てて、途中で嫌になってしまってはまた元通り、今までのことも無駄になってしまいます。
最後までやり切るためには、自分が可能な範囲の計画を立てましょう。

②片付けをする時間を決める

190dc216b53fddc729e703ad9895848f_s

片付けを一気にやってしまえれば、その方が良いのですが片付けができずに悩んでいる人にとっては難しいことだと思います。
最後までやり切ることが大事なので、少しづつでも片付けを進めていく方が良いと思います。
それにコツコツできるようになれば、その後も片付けが習慣的に出来るようになると思います。

そして最後までやり切るには、片付けをする時間帯と実際にする時間を決めておきましょう。
これを決めれば、習慣的に出来るようになります。

片付けの時間帯は、自分が行いやすい時間ならいつでも良いです。
ただし、朝苦手なのに朝にやるとかさぼってしまう可能性が高い時間帯は避けましょう。
片付けの時間は出来れば毎日確保しておきましょう。

そして片付けに掛ける時間も決めておきましょう。
ポイントは自分が無理せずできる可能な範囲内で決定しましょう。
なので15分とか20分だけでもいいのです。

何度も言うようですが大事なことは、最後までやり切ることです。
そして同時に習慣的に片付けられるようになることです。
途中で投げ出さないように、実施時間は無理のないように決めましょう。

③片付けの状況を記録する

c18052b656c373b20ffcd5c0c0118f7a_s

片付けがどこまで進んでいるか写真などで記録しておくと、達成感がでてモチベーションを維持しやすくなります。
片付けを行った日は、毎日つけるようにしましょう。

やり方は、その日片付ける場所の、片付け前と片づけ後を撮るだけです。
完全に終わってなくても、進み具合が分かれば楽しみの一つにもなります。

④やる気がなくなったら目標を思い返す

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_m

少しづつ行っていても、やる気が出ない日が出てくると思います。
そんな時は、最初にイメージした部屋を片付けて自分がやりたい事を思い返してみてください。
ノートに文字にして書いてみるのも良いです。
自分に目標にイメージに沿うような事をネットで調べてみるのも良いです。

目標を思い返して、またイメージすることでやる気を取り戻してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょか。
やる気が出てきたでしょうか。

あと、これらを行うことで大切な事があります。
それは出来る限り楽しんで行うことです。

何事も義務や使命感だけでは長続きしません。
楽しみややりがいを見つけることが長く続ける上で重要だと思います。
片付けも同じで、やり切るために楽しんでやってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です