捨てる決心がつかない時の対処法

513d8a73fc5268ed6a7a098991882bd4_s

前回「捨てる判断は訓練で誰でもできる!」の記事で、捨てるためには日ごろから訓練が必要だというお話をしましたが、物を捨てられない人は、どうしても最初は捨てる決心がつかないことが多くなってしまいます。

後押しさえあれば、捨てる決心がつくかもしれませんが、一人で判断しているとどうしても、最後の一歩を踏み出せずに捨てられずに、そのままになってしまいます。
そこで、今回は捨てる決心がつかない時の考え方をご紹介します。

後悔するかも

捨てたら後悔するんじゃないか、と迷ってしまった時です。
後悔するかもと考えるのは、そもそも使用頻度が低い物。
そのような物は捨てても困ることはありません。

二度と手に入らないような特別な物以外は、なくても困らないし、もし再び使う場面が出てきたら、その時はまた買えばいいだけです。
その手間を惜しんで、捨てられずにいたら、いつまでたっても片付かない環境のままになってしまいます。

いつか使える

「なんとなく使えそう」程度であれば使わない可能性の方が高いので、必要ありません。
このようにとって置いた物で、ちゃんと使った物はどれぐらいあるでしょうか?
おそらく、ほとんどの人が、使っていないことが多いのではないでしょうか。

使う場面がはっきり思い描ければいいのですが、「なんとなく使えそう」「もしかして使えるかも」程度だったら潔く捨ててしまいましょう。

取り敢えず使えそう

「取り敢えず使えそうだから取っておこう」という考えは、判断の先延ばしです。
ついやってしまいがちですが、先延ばしにすると、そのままずっと放置される危険性があるので、迷った場合でも出来るだけ、その場で判断するようにしてください。
使う時、しまう場所をしっかり考えてから、残すものを決めていきましょう。

高かったから

高価な物は、たとえ使っていなかったとしても、捨てにくい物です。
しかし使っていないのなら宝の持ち腐れ、持っていたとしても意味がありません。
値打ちがあっても時間とともに商品価値も低下してしますので、リサイクルショップやブランド買取を利用して手放しましょう。

売る時は出来るだけ早く行動して下さい、でないといつまでも家の中にある羽目になってしまいます。

思い出の品

思い出の品ほど、捨てにくい物はありませんが、すべてを残しているとキリがないので、本当に大切なものだけを残すようにしましょう。
また、思い出の品がよく押し入れのダンボール箱の中に眠っていることがありますが、押し入れの中にあって見る機会はあるのでしょうか?

思い出があったとしても、見なければ、ただのスペースの無駄になってしまいます。
大切な思い出なら、手にとれる場所に保管しましょう。

罪悪感を感じる

現代社会では、物がなければ生きてはいけないので、生活をしていれば自然と物は増えてしまいます。
本類、文房具、調理器具、洗濯道具、家電、衣服、暮らしに最低限必要な物だけでも多くあり、それ以外にも趣味や仕事関係の物なども当然出てくるわけです。

物がどんどん入ってくる社会の中に生きていて、物を捨てる事に対して罪悪感を抱いていては、快適な生活を送ることは出来ません。

新品だから

買ってみたものの、使いこなせなかった物です。

しかし使わなければ、新品だろうが関係ありません。
高価な物と同様に売れる物はすぐに売って、そうでない物は捨ててしまいましょう。
次からは、失敗しないように気を付ければいいのです。

まとめ

捨てる決心がつかないことは、よくあることですが、思い切って捨ててしまえば、その後の物の扱い方も変わってきて、買い物時によく考えて買うようになると思います。
そうなれば、使わない物も減り、片付けも自然にできてくると思います。

迷った時は、少し勇気をもって捨ててみてください。
案外、何んともありませんから!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です