写真を撮って片付けのやる気アップ!

c18052b656c373b20ffcd5c0c0118f7a_s

自分では片付けが出来ていると思っていても、他人から見たら散らかっていると思われることがあります。

あなたの部屋は大丈夫でしょうか?

普段の生活の中では、見慣れてしまって何とも思わないような場所が他人からは散らかっていると感じる。
毎日同じ風景を見ているので、客観的に見れずに、片付けなければいけない所が、案外分からなくなったりします。

普段から完璧にきれいに維持できればいいのですが、なかなか上手くいかないですよね。

では自分の部屋を客観的に見るにはどうすればいいか?

部屋を写真に撮ってみることです。
写真で見ると、普段見ている時では気付かないことが発見できたりするのです。

写真に撮って客観的に見る

片付けをして、こんなもんかなと思っても写真を撮ってみると、「これ必要ないな」とか「よく見るとまだ散らかているな」と感じやすくなります。
例えば、片付けが苦手な人によくあることですが、収納ケースから物や衣服がはみ出していることです。
収納ケースに収まり切らずに、物が出て置いてあったりしても、見慣れてしまうと、それが散らかって見えると本当に気付かなくなります。

写真で見るとこういうちょっとした事でも気づきやすくなるのです。

このように写真で見て違和感があった所を少しづつ直していけば、整理された状態の感覚もつかめて片付けが上手くいくようになるでしょう。
写真で見てもきれいに見えるなら、実際に誰が見ても片付いていると感じるはずです。

片付けの進行度が見える

また、片付けをやった前と後の写真を撮っておくと、自分がどれだけ頑張ったか目で見えるようになります。
片付けの量が多くあって何日もかかる場合は、片付けの前、片付けの後、そして途中で何枚か撮っておくと、片付けの進行度が見えるので最後までやり切るためのモチベーションを保つことが出来ます。

片付けが完全に終わってなくても、進み具合が分かれば楽しみの一つにもなると思います。

さらに、きれいに状態の部屋を撮っておくと、物が増えた時の片付けの参考になるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です