捨てる判断は訓練で誰でもできる!

08da088fca3f52d6a06d426b05c017b9_s

部屋を片付けられない人のほとんどが物を捨てられない人だと、よく言われています。
確かに物を捨てて減らしてしまえば、少しの収納スペースで物は収まるようになり、部屋が散らかることも無くなるでしょう。
生活していく上で、物が増えることは必然なので、快適な暮らしをするためには、いか早く、要らない物を見極めて捨てるかが、とても重要になってきます。

適切な判断は出来ている?

「要らない物を捨てる」ということは、片付けの基本で、それが出来なければ物は増える一方になってしまいます。

片付けが出来ない人は、要らない物を捨てれるように考え方を変えなければいけません。

要らない物を捨てるということは、簡単に誰もが出来ることだと思うかもしれませんが、意外と難しくて、完璧にできている人は少ないと思います。
物を捨てるためには、まずその物を「要る」「要らない」の判断をしなければいけません。

物を捨てられない人は、使っていない物であっても「もしかして使うかも」などと考えてしまって、要らないの判断がしにくくなっています。
要る・要らないだけの判断ならともかく、それに加えて、「取り敢えず取っておく」という保留が入ってきてしまうと、さらにややこしくなってしまいます。

物が捨てられない人は、この考え方を改めなければいけません。

なぜ要らない物まで取って置いてしまうのか?

日本人は、昔からものには神が宿っていると考えられ、「もったいない」「まだ使える」といった、物を大事にする文化が根付いています。
その文化はとても素晴らしいことだと思うのですが、少し行き過ぎると自分の首をしめてしまう結果になってしまいます。

大事にしなきゃいけない、という気持ちから、使っていない物や要らない物まで残してしまうと、結局使わずに寝かした状態で放置されてしまいます。
それを繰り返していると、自分では何があるか把握できないほどに物が溢れ、散らかってしまう。
自分が管理できる物の量を超えてしまうと、一気に部屋は散らかってしまいます。

このような気持ちが強すぎる人は、物を大事にしようとしたはずが、管理が出来ず、逆に物を粗末に扱ってしまう結果になりかねないのです。

物は使ってこそ意味がある

5ae1c728a45c5a8d39525497e36f5471_s

あたりまえですが、物は使わなければ、意味がありません。
コレクションという位置づけのものもありますが、基本的には使ってはじめて意味が出てきます。

物を捨てられない人は、このことをもっと意識すべきです。

家に使っていない物はありませんか?
最後にいつ使ったか覚えていない物はありませんか?
必要だと思って買ったけど、あまり使わなかった物もあるでしょう。

使っていない物があった時、物の役割を考えてあげると、捨てるなり売るなり、処分する決断が付くはずです。

要らない物を見極めて判断する力は訓練で習得できる

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_m

物が捨てられない人は、要る要らないを適切に判断する力が足りません。
しかし、諦める必要はありません。
日ごろから訓練をすれば、誰でも判断能力身に付くようになるのです。

訓練と言っても、難しいことではありません。
いたってシンプル、生活の中で、物があったら「要る」「要らない」の判断を一つひとつ繰り返していくだけです。
そして判断した結果の物が、実際に必要だったかどうかを検証していけば、徐々に正しい判断ができるようになります。
地道ですが、要らない物を捨てられるようになるには、これが一番の近道です。

要らないと判断した物はすぐに捨てる

3a62a5d569efb97f957f7f346477bbc4_s

せっかく要らないと判断しても、捨てることを煩っていつまでたっても捨てなければ、意味がありません。
要らないと判断したなら、すぐに捨てるようにしましょう。

要らない物が、いつまでも部屋にあると、せっかく訓練してきた判断技術も鈍ってきます。
不要だと頭の中では、分かっていても、部屋にいつまでもあれば、次第に気にならなくなってしまいます。
そうなると「要る」「要らない」の判断もあいまいになり、捨てられない考え方を変えられないでしょう。

要らない物と判断したらすぐ捨てる。
ここまでを繰り返すことが重要で、これが出来れば今度は自然にできるようになるのです。

まとめ

適切な判断が出来るようになれば、捨てることが出来るようになり、捨てることで部屋がきれいで快適な空間になることが楽しくなるでしょう。

そこまでいくのには時間が掛かり大変なことですが、続けていけば必ず身になって、あなたの一つの技術になります。
捨てることを技術として身に付けて、快適な生活を維持していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です