片付けられない人でも簡単にできる!きれいな部屋へ、散らかさないアイデア

「家具に統一感がある」「ホコリやゴミがない」「最小限の物だけでごちゃごちゃしていない」
こんな自分のイメージ通りのきれいな部屋って憧れますよね。

しかし、自分なりに頑張っても、このようなきれいな部屋にするのは難しいものです。
そればかりか、実際は片付けもできずに散らかった部屋で悩んでいる方もいるかと思います。

理想と現実の違いに落胆してしまうこともあるでしょう。

しかし、いつまでも悩んでいては何も解決しません。
自分なりにできることから始めていくべきです。

収納アイデアやちょっとしたことで、散らかりにくくすることもできるのです。

今回は、片付けられない人でも簡単にできる、きれいな部屋に近づくための様々なアイデアをご紹介します。

ゴミ箱を増やす

5698d432d1c86216254993923b4990ef_s

ゴミが出たら部屋のゴミ箱に、部屋のゴミ箱がいっぱいになったら、大きなゴミ袋を入れてあるゴミ箱へ。
ゴミをまとめるときは、このような流れになると思いますが、どこかで面倒くさがってやらないと、たちまち部屋はゴミで散らかってしまいます。

特に片付けられない人は、近くにゴミ箱がないと取り敢えずテーブルの上にポンと置くことがあるんじゃないでしょうか。
こうやって徐々にゴミが増えて、部屋中がゴミだらけになれば掃除をする意欲も失せてきます。

そこで、片付けられない人でも、ゴミが出たらすぐにゴミ箱に入れれるように、部屋のゴミ箱の数を増やしてみましょう。

ベッドの近くやテーブル、机の下、玄関などに小さめのゴミ箱を用意すれば、どこにいてもゴミを捨てることができます。
これなら片付けられない人でもできますよね。

部屋着やよく着る服は、カゴに入れるだけ

DSC_0324部屋が服で散らかる方、多いと思います。
収納ボックスにたたまずに、そのまま部屋のどこかに置きっぱなしになりがちです。
特に部屋着などよく着る服は、いつも散らかりっぱなしになっていることでしょう。

そのようなよく着る服は、専用にカゴを置いて、使わない時はそこに入れるだけでも、部屋は片付いた印象になります。
カゴを用意するだけなので、とても簡単にできますよ。

また、たまに着る服も散らかりっぱなしになってしまう方は、パイプハンガーを使うと良いでしょう。
少し場所を取るのはデメリットですが、あるだけですぐに服をかけれるのでとても便利です。
場所を取りたくない方は、壁に取り付けるタイプのハンガーがおススメです。

IKEAの壁に取り付けるタイプのハンガーラックです。
帽子ラックと書いてありますが、洋服もハンガーに掛けることができます。

バスケットを上手に使う

b66820cecb871ab3165afa620f72a104_s

バスケットは収納にとても役立ちます。
大きな収納スペースがあり、同じジャンルの物をまとめて収納できるので、簡単に片付けが出来るので、片付けられない人にもおススメです。

リモコン類をまとめて収納
きれいにリモコンを立てて収納する物もありますが、底が深めのバスケットなどを使った方が簡単に片付けが出来ます。

DSC_0338

よく読む本類の収納
よく読む本や雑誌もバスケットに収納すれば、毎回本棚にしまわなくてもいいので、片付けやすくなります。

DSC_0280

カップ麺やお菓子などの食べ物
マンションに一人暮らしの方に多いかと思いますが、カップ麺やお菓子などは意外と置き場所が無くて、散らかってしまうことがあると思います。
大きめのバスケットにまとめて収納すれば、散らかりません。
見た目もよくなります。

DSC_0340

文房具類
文房具が多くある方には便利かもしれません。

出典:http://blog.goo.ne.jp/nonousagi-2011

まとめ

いかがでしたでしょうか。
片付けられない人でも、片付けがしやすく簡単にできることなので、ぜひ試してみてください。
片付けができ、散らからないようになれば、部屋の掃除がしやすい部屋になり、きれいな部屋に近づくと思います。
出来ることから始めていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です