狭いワンルームでの収納のコツ

93ace668813f5f070aeffd95a31129ef_s

一人暮らしの方は、ワンルームで暮らしている方が多いと思います。
ワンルームはスペースが限られているので、収納が上手くいかず、散らかりやすいですよね。

しかし、片付けをしっかり行い整理整頓すれば、狭いワンルームでもすっきりと快適に過ごすことが出来ます。
今回は狭いワンルームの部屋でも整理整頓できるお部屋作りと収納をご紹介します。

家具を厳選する

一人暮らしをしている方は、家具選びの時に何を基準に選んでいますか?
「あれが欲しいこれが欲しい」とただ単に感覚で欲しいものを選んでいませんか?
感覚で欲しいものを選んでしまうと、どんどんスペースが埋まり、ごちゃごちゃした見て目になったり、物が収納しきれなくなってしまいます。

ワンルームで家具を選ぶときは、自分が何を優先して暮らすか考えて選びましょう。
例えば、「快適さ」を優先するなら、ソファやテーブルを置いたり、「趣味」や「勉強」を優先するなら机や大き目の収納棚を置くなど、自分の生活で重要だと思う物を優先しておくのです。
その代りに、我慢するところは我慢しましょう。
何でもかんでも集めてしまっては片付くものも片付きません。

物を減らす

きれいな部屋にするためには、必要なものだけを残して要らないものは捨てて、物の数を減らしましょう。

ワンルームではただでさえ家具で狭くなるのに、要らないもので部屋のスペースを取ってしまえば余計に狭くなってしまいます。
そして収納しきれなくなるほど増えてしまえば、すぐに散らかってしまうので、要らないものは処分して物の数を減らしましょう。

狭い部屋で大活躍の収納術

家具を厳選し、物の数を減らしたとしても、ワンルームでは収納できるスペースは限られてきます。
しかし収納方法を工夫すれば狭い部屋でも整然とした空間に見せることが出来ます。

デッドスペースを利用する

壁や高い場所、微妙な隙間などのデッドスペースを利用すれば、有効に収納できます。
デッドスペースに使える収納グッズがあるので是非使ってみてください。

ワイヤーネット

壁のデッドスペースを有効に使うことが出来ます。

突っ張り棒


トイレや玄関の上のスペースに2つ突っ張って板を置けば、簡単に棚ができてしまいます。
最初から棚が付いてあるものもあります。

S字フック

キッチン道具を吊るす時に活用できます。
また、2つ使えばカゴも吊るすことができ簡単な小物入れが出来ます。

DSC_0391

ティッシュ箱をそのまま吊るすアイデアもありです。

コの字ラック


食器をしまう時に便利です。

ブックスタンド

ちょっとした隙間を利用できます。
食器を立てて収納すればスペースの有効活用。

押し入れ、クローゼットを最大限に利用する

押し入れ、クローゼットは有効に使えばかなり収納できるスペースが生まれます。
特に押し入れは奥行きがあり、意外と収納スペースがあるのです。

冬物の毛布やコートなどはかさばらないように圧縮袋に入れて収納しましょう。
今シーズン着る服だけをハンガーにかけて、それ以外は衣装ケースに収納。
衣装ケースは取り出しやすいキャスター付きものを選ぶと整理しやすくなります。
衣装ケースの横にデッドスペースができやすいので、掃除機などあまり使わない家電などを置くと有効に使えます。

また、押し入れが高く、衣装ケースを置いてもデッドスペースが出来てしまう場合は、伸縮棚を使うと収納スペースが一気に増えます。
通気性が良いもの選ぶと布団もそのまま収納できます。

収納ケースの上に少しのデッドスペースが出来たら、サイズに合うような小物入れを置けば更に収納力がアップします。
カゴを置いてハンカチや靴下を入れてもいいですし、ちょっとしたケースを置いてタオルなど置いたり、少しのスペースでも有効に使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ワンルームマンションでの一人暮らしでは、収納の工夫をしなければ片付けができない部屋になってしまいます。
特に実家から離れたばかりの人は、何でも自分でやらなければいけないので、今までと勝手が違いうまくいかないこともあるでしょう。
しかし一つずつ覚えていけば身になってきます。
片付けも同じで、一つずつ収納場所を決めて片付けていけば、自分の思い通りの部屋になっていきます。
どのような部屋にしたいかイメージを持ちながら進めていくことが重要です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です