物の収納場所は行動パターンで決まる!

4adec9fe4225d26fb9c8fe5c170c1f20_m

皆さんは物の収納場所はどのように決めていますか?
ひとまとめに引き出しの中に入れいたり、使う場所のことを考えずに収納していませんか?

収納場所が適切でないと片付けにくくなってすぐに散らかってしまします。
収納場所をちゃんと決めることはとても重要で、これがしっかりしていないと片付けのしやすさが全然違うものになるのです。

収納場所は適当に決めてはダメ

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_m

片付けが出来ない原因の一つに、物の収納場所を決めていないことが挙げられます。
収納場所が無ければ、部屋の中に浮遊してしまうのは当然です。

しかし収納場所を決めるといっても、どのようにして決めればいいのか迷うこともあると思います。

ただ単に収納場所を決めるだけなら、押し入れや収納ラックにひとまとめにして収納すればいいのですが、それでは使う時に出しにくく、片付けにくくなってしまいます。
適当に決めてしまうと返って、片付けがしにくくなってしまうのです。

 すぐ近くと少ない手間

収納場所を決める上で、最も重要なのは「物を使いたいときにすぐに取り出せるか」です。
必要だと思った物が、すぐ近くにあって少しの手間で取り出せることが出来たら、片付ける時も簡単に片付けることができるのです。

ではそのように収納するにはどうやって考えていくか?

それは、どの場所で使うかです。

リビングでよく使う物はリビングに、寝室で使う物は寝室に収納するのです。
また、同じリビングの中でもソファに座りながら使う物であれば、ソファ付近に、机で使う物は机付近に収納するようにすれば、同じ部屋の中の収納でも使うまでの手間が減り、より簡単に片付けが出来るようになります。
使う物は使う場所からより近くあれば、すぐにとりだせますよね。

さらに取り出すときの手間を出来るだけ少なくすることも重要です。

たとえばよく使う物なのに、引き出しを開けて更に収納ボックスを開かなければ取り出せないような手間のかかる収納では、近くの場所に収納されていても片付けがし辛いくなります。
なのでなるべく取り出すときに手間の回数が少なくなるように収納することです。
しかし、これは後で記述しますが、物の使用頻度によっても収納方法を考えなければいけません。

行動パターンで決まる収納場所

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

片付けしやすい収納をつくるためには、自分の行動パターンに合った収納をする必要があります。
例えば、リビングでよく読む本なのに別の部屋の本棚に置いていたり、玄関にいつもカバンを置いてしまうのに、片付けるときはクローゼットの中にしまってしまう。
このような場合だと、自分の行動とは違った場所に収納しているため、片付けができずに出しっぱなしになってしまいます。

自分の行動パターンにあった収納にするには、「これはここに収納すべき」という固定概念を捨てて収納場所を考えることです。
リビングでよく本なら、本棚とは別にリビングに本を置けるラックを用意します。
玄関でいつもカバンを置いてしまうなら、玄関に収納場所を。
カバンだからクローゼット、本だから本棚という風に収納場所を限定する必要はないのです。

一度やってみると分かりますが、こだわりを捨てて、柔軟に物の住所を作ってあげれば、楽に片付けることができて散らかることはありません。

配置は間取り図の上で考える

物の収納場所を考える時に、部屋の真ん中に立って考えているだけでは、なかなか考えもまとまりません。
配置は、「場所」と「」と「行動パターン」の3つを合わせて考えなければいけません。
片付けてもすぐに散らかってしまうのは、この3つを切り離して考えていることにも原因があります。

そこで、より良い収納場所を決めるために、簡単な間取り図を書いて考えてみてくだい。

間取り図を書いたら、自分の一日のパターン化した行動を線で書き込んでみるのです。
出勤前と帰宅後、休日が主なパターン化された行動だと思います。

そしてその行動と伴って使っている物をまとめみると、最適な物の収納場所が見えてくるようになります。

出勤前:①トイレ②洗面③ランニング④シャワーを浴びる⑤食事⑥後片付け⑦身支度

場所
①トイレ
②洗面所
③玄関、外
④浴室
⑤ダイニング
⑥台所
⑦リビング、玄関、鏡の前

使っている物
①トイレットペーパー、石けん、タオル
②歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔料、タオル
③シューズ、帽子、ウェア、サングラス
⑤皿、コップ
⑥洗剤、ふきん
⑦定期券、財布、カバン、シャツ、ネクタイ、腕時計、ハンカチ

帰宅後:①着替え②食事の準備③食事④後片付け⑤テレビを見る、くつろぐ⑥入浴⑦入浴後⑧洗濯⑨明日の準備⑩睡眠

場所
①自分の部屋、クローゼット
②台所
⑤リビング
⑦洗面所
⑧洗面所、ベランダ、窓際
⑨自分の部屋、机

使っている物
①普段着、ハンガー、小物入れ
②包丁、フライパン、調味料、食材、電気ポット
⑤リモコン、雑誌
⑦ドライヤー、歯ブラシ、綿棒、爪切り
⑧洗剤、洗濯ネット、ハンガー、洗濯ばさみ
⑨スケジュール帳、パソコン、カレンダー、ペン

このように間取り図に動線とそこで使った物を一緒に書き込めば、物の配置が見えてきます。
書かなければ意外と分からなかった物も出てきたりするので、効果的な方法だと思います。
上記の例だと、朝のランニングに使うサングラスと帽子は玄関に置いておけば、出発する時に楽に取り出せますね。

上記の例では、出勤前と帰宅後の行動を書きましたが、いろんな時間や決まった事をする時の行動パターンも書いておくのもいいですね。

使用頻度を考えて

すべての物が使いたいときに手間が少なく、すぐに使えることが理想ですが、家の収納スペースの問題もあるので難しくなります。
そこで、使用頻度の違いによって物の収納方法を変えて、その物にあった最適な収納場所を決めましょう。

当然、使用頻度の高い物は、手間が少なくすぐに取り出せるような場所に置きます。
使用頻度が低い物は、クローゼットや押し入れ、引き出しなど奥の方にしまうなど、スペースはあるけど取り出すのに少し手間が掛かるような場所に。
また、使用頻度が低いものでも、大きいものや重い物など、物の質量によっても収納場所を考えます。
重い物は、なるべく取り出しやすいように下の方に収納。
その逆に軽い物は上の方に収納します。
大きさ、重さも考えて収納場所を決めると、使う時、片付ける時に苦労しません。

 まとめ

しっかりと考えて収納場所を決めるのは、なかなか骨が折れる作業ですが、これが出来れば片付けが驚くほど簡単にできるようになります。
片付けが簡単にできれば、習慣になりますし、片付けの意識が高まってきてより、きれいな部屋を保てるようになります。
収納場所で悩んでいる方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です