洗剤の基本

78541d89ee036ee28b9cc5996ee171d8_s

洗剤を使う時は、汚れの種類に応じて使い分ける必要があります。

洗剤の特徴を理解し適切な方法で使用しましょう。

中性洗剤→つたばかりの汚れ・軽い油汚れ

ついたばかりの汚れはすぐに拭き取れば落とすことができます。水拭きでも取れづらい汚れは中性洗剤を使います。
浴室や台所で使う洗剤にあたります。
中性洗剤は安全性が高く、素材や手にやさしいので毎日使っても安心です。ただし、洗浄力は弱いので時間がたったしつこい汚れには不向きです。

台所用洗剤は洗いものだけでなく、家具などの掃除に使っても大丈夫です。

アルカリ性洗剤→油汚れ(酸性の汚れ)

しつこい油汚れには、アルカリ性の洗剤を使います。中性洗剤と比べて洗浄力が高いです。
布巾に付けて使用します。汚れがひどいときは、直接かけてつけ置きしておくと効果的です。
刺激が強いため使用時はゴム手袋を装着しましょう。また、素材に対しても変色させたり、コーティングが剥がれたりする場合もあるので目立たないところで試しみることをおススメします。

弱アルカリ性洗剤→手垢・皮脂汚れ・タバコのヤニ(弱酸性の汚れ)

家具などの皮脂汚れや、台所の軽い油汚れは弱アルカリ性の洗剤を使います。
中性洗剤で落としきれない油汚れや手垢などに最適です。汎用性が高く、壁、床、家具など様々な場所で使えます。

酸性洗剤→水垢・尿石・石けんカス(アルカリ性の汚れ)

アルカリ性・弱アルカリ性の汚れの代表は水垢や尿石です。時間が経つとこびりつき取れにくくなるためなるべく早く掃除しましょう。
酸性のトイレ用洗剤は、即効性がないためしばらくつけといた後にブラッシングすると効果的です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存